電気グルーヴが、1月11日に放送された旅トークバラエティ番組「アナザースカイ」(日本テレビ系)に出演。MCの中条あやみに贈ったアドバイスが反響を呼んでいる。

番組では結成30周年を迎える電気グルーヴが、音楽的故郷ともいえるドイツベルリンへと向かう模様を放送。石野卓球ベルリンで行われるラブパレード(世界最大規模のレイヴ)に何年か参加していたが、ピエール瀧と一緒に来るのは20年ぶりということで、2人は終始楽しそうな様子を見せる。

この2人の楽しげな様子に、中条も「楽しそう。こういう大人になりたい」と語り、「今のうちにやっておいた方がいいことありますか?」と質問。

すると瀧が「現場、ちょいちょい来ないってのもありだと思いますよ、ホントに。自分に素直に『今日は現場行きたくないな』と思ったら行かない、っていう選択肢も入れてったらいいと思います」と回答。

さらに卓球からは「自分にウソつくぐらいだったら、人にウソついたほうがいいです」と独特のアドバイスが贈られると、中条は笑いながらも何度もうなずいた。

ネットでは「石野卓球、めちゃくちゃ名言でグッと来た」「アホみたいなこと言ってるのにめちゃくちゃ為になる」「ホント悪い大人だwww」「言われたとおりにするかどうかはともかく、話を聞くのはいいことだと思う」といった反応があるようだ。