なぜ「武蔵○○」が連続?JR南武線の謎

電車の駅名には、時々「なぜこのような駅名になったの?」と不思議なものがあります。たとえば、筆者が親戚の家ヘ行くときに必ず利用するJR南武は、東急東横線からの乗換え駅「武蔵小杉」から「武蔵中原」「武蔵新城」「武蔵溝ノ口と、「武蔵○○」という駅名が4つも連続しています。

画像出典:Photock

元々は私鉄「南武鉄道」として開業し、戦時買収私鉄指定から国有化されたという歴史を持つ南武線の、謎の「武蔵の連続」。実は先日お伝えした、JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」にも通じる「新駅名の事情」が絡んでいたようなのです。

「武蔵」とは何のこと?

東横線で「武蔵小杉」を通り過ぎるときには特に気にも留めなかった「武蔵」とは、いったい何を示しているのでしょうか?その由来は、なんと日本の旧国名にまで遡ります。

JR南武線の走る神奈川県川崎市から東京都立川市を含む地域は、かつての日本の地方行政区分では「武蔵の国」と呼ばれていました。「武蔵の国」にはこの他に、東京23区多摩地域埼玉県のほぼ全域・更には神奈川県横浜市の一部まで含まれていました。

そこから「武蔵の国の〇〇駅」という意味で「武蔵〇〇」という駅名が誕生したと思われています。

画像出典:街画ガイド

他の路線でも「武蔵小金井」「武蔵関」「武蔵五日市」「武蔵小山」など、この地域には「武蔵」のつく駅名が数多く存在します。

ではなぜ南武線にだけ集中&連続??

その中でも、特に南武線に「武蔵〇〇」が集中&連続するようになった理由は、JR山手線の新駅の名前が「高輪」や「芝浦」を差し置いて高輪ゲートウェイに決定した理由と似ています。

画像出典:Photock

「武蔵小杉」から「武蔵溝ノ口」までの4駅の周辺は「小杉」「中原」「新城」「溝口」という地名なので、普通に考えればそのまま駅名にすればいい気もします。しかし基本的に駅名をつける際に「既存の駅名と被ったり、似ていたりしてはいけない」という原則があるのは、「高輪ゲートウェイ」の項目でも述べたとおりです。

特に路線が全国に存在するJRの場合、たとえ遠方にでも同じ駅名や似た駅名があると、切符を買うときなどに間違えられる可能性があるといいます。

だから山手線の新駅は「地名(高輪)+何かの要素を含む語」で「高輪ゲートウェイ」となりました。

南武線の「武蔵小杉」から「武蔵溝ノ口」までの4駅も、「武蔵」のつかない「小杉」「中原(読み方は『なかばる』)」「新庄(読みが同じ『しんじょう』)」「溝口(みぞのくち)」という、同じ・または類似した駅名が全国に存在したため同じ駅名をつけることが難しく、頭にこの地域の旧国名である「武蔵」をつけることで対応したと考えられます。

関連画像