TOEICの点数を上げるには、どんな学習が有効なのか。今回、6つのレベル別に「最短ルート」を識者に聞いた。第4回は「600点台」の学び方について――。

※本稿は、「プレジデント」(2017年4月17日号)の掲載記事を再編集したものです。

■自分なりの英語で即答する

英語とは、コミュニケーションツール。英語で人にものを伝える喜びを知ることが、600点台からさらに上を目指す原動力になると山根和明氏は言う。そのメソッドは、TOEICテストパート3と4を使って、「会話」を学習に取り入れるのが特徴だ。

「私の指導では、通訳養成所などで実施することが多い『クイックレスポンス』を実践的に行っています。これは、CDの会話文を聞きながら、問いかけの英文に対して自分なりの英語で即座に答える練習法です。これを繰り返すと、リスニング力が上がるだけではなく、相手の言葉に即座に応じる瞬発力がつきます。何より、英語で誰かと会話をしているようで楽しいですよ」

ただし、自分で即座に英文を考えるのは至難の業。そこで「シャドイング」を組み合わせるのが山根式。

「文字通り、影のようにネーティブの発音のすぐ後を追って復唱する練習です。テキストは見ないで、パート3や4の会話やトークを聞きながら実践してみてください。自分自身の言葉でしゃべっているような感覚が得られればOKです。ある程度理解したあと、クイックレスポンスに入ると理解力がアップします」

日本人は基本的に、誤答を許されない教育方針に慣れている。これが英語学習においても、奔放にコミュニケーションを楽しむ下地を損なっているというのが、山根氏の考えの根底にある。ことTOEIC対策においても、ただ点を取るだけのやり方に特化しては、英語そのものを好きになることはなく、長い目で見れば成長にも繋がりにくい、得点も伸び悩むというわけだ。

300、400点の段階でも、会話を楽しむ学習は、取り入れてほしい」

一方、リーディングについてはどうか。山根氏が「マスターしてほしい」という読み方が、英文を頭から読むこと。

TOEICは読む量が非常に多いので、いちいち頭の中で日本語に翻訳していては、最後までこなせません。英語の語順のまま読んでいくトレーニングが有効。意味のかたまりごとにスラッシュを入れながら英文を読んでいく『スラッシュリーディング』をぜひ試してほしい」

たとえば、We will have a meeting to discuss the next issue.という英文を訳すと「次の号について話すために、ミーティングを開く」だ。しかし、meetingの後にスラッシュを入れて頭から区切って読めば、「私たちはミーティングを開く/次の号について話すために」と、英文と日本語訳の語順を入れ替えずに読めるのだ。

▼スラッシュリーディングで、読んでみよう

■かたまりごとに意味を捉える

「公式問題集の欠点をあえて挙げれば、訳がこなれすぎていること。自分でスラッシュを引きながら、ブロックごとに意味を捉えていく練習をしましょう。スラッシュを入れる箇所は、『ここで切らないと伝わりにくいだろうな』と感じるところです。修飾がついた主語の後、前置詞や不定詞、接続詞の前などですが、あまり神経質にならないように。目的は、頭から読む癖をつけることです」

日ごろからの訓練が、700点突破の秘訣だという。

「早く読むためには、語彙も増やさなければなりません。公式問題集のパート5や6、7の英文を冒頭から読んでいき、つっかかったところをマーカーでチェックするやり方をお勧めしています。読みながら文意を捉え、わからない単語が1つでも出てきたらすぐにマークして、冒頭からまたやり直す。最初はおそらく、知らない単語が100語以上出てくるでしょうが、あせらなくて大丈夫。徹底して繰り返していれば、覚えられます。一番ダメな勉強法は、単語だけを書き出して覚えようとすること。これはやめてほしい。そのやり方では必ず伸び悩んでしまいます。単語というのは、川の中でピチピチと泳ぐ魚のように、文章の中でこそ生きるものですから。前後の繋がりと合わせて覚えなければ、実際に読んだり聞いたり、しゃべったりすることはできません」

▼頭から読む癖をつければ、読むスピードは2倍!通訳者が使っている生きた英語の表現を】
穴埋め問題や、間違い探しなどの問題とともに、文法を解説。参考書としても。「通訳者である著者の実務経験から得られた、生きた英語の表現が満載。教える立場としてもよく参考にする」。
(写真左)高山英士、森 一泰著、Linkage Club1800円+税
【1冊で総合的に学べる。頭読みの練習にも】
文法、単語、読解、リスニングなどが同時並行で効率よく学べる。3行ほどの英文と解説を1ページ完結で掲載。「英文にはスラッシュが入っていて頭読みの練習にも。単語の説明も丁寧です」。
(写真中)高山英士著、Linkage Club、1980円+税
パート3と4で会話の練習を!】
「CDに収録された会話文や説明文は、聞いたり解いたりするだけでなく、シャドイングと会話の練習に。リーディンパートは、単語を覚えるのにも活用しよう」
(写真右)国際ビジネスコミュニケーション協会、2800円+税

----------

山根和明(やまね・かずあき)
山口大学特命教授
プール学院大学名誉教授。英語を楽しく学び、聞いて話せる国際人の養成を目指し、12年間でのべ6000人以上を指導。著書に『TOEIC L&Rテスト はじめてでも600点が取れる!』(成美堂出版)、『はじめてのTOEIC LISTENING AND READINGテスト生講義で600点突破』(ナツメ社)。

----------

写真=iStock.com/themacx