top

 カーリーヘアをもつセルカークレックスという猫種のことは以前紹介している(該当記事)が、インスタアイドル猫、ポンパス・アルバートはちょっと違う。

 アルバートは、キュート系多数といわれるセルカークレックスでありながら、いつもおこ顔にしか見えない険しい目つきで20万人超のファンハートをわしづかみにしている。

 すでにいくつかの組織を潰してきたような顔が一つの魅力となり「威圧的な」を意味するPompous(ポンパス)というニックネームで、メディアからもひっぱりだこなのだ。

―あわせて読みたい―

引き取り手がなさそうな猫を・・・保護施設から譲り受けたその猫は超極悪オコ顔だが、人なつこくって愛情たっぷりの猫だった。
「こっち見んなボケッ!」マッドフェイス番付上位に急浮上した世紀末覇者ラオウのような猫、マーリン氏
猫のテディベア化。カーリーヘアで人懐こい猫「セルカークレックス」種の起源とその後
交通事故に巻き込まれた猫が保護される。愛嬌のあるふくれっ面が仕様の甘えん坊で人懐っこい猫だった(イギリス)
明らかに殺意をちらつかせている猫たちのいる風景

Pompous Albert Loves Honda Genuine Parts and Service

セルカークレックスでもおこ顔がデフォのアルバート

 一般にセルカークレックスは思わずぎゅっとしたくなる愛くるしさがあるといわれているが、アルバートはそんな型にははまらない風貌の持ち主だ。


 彼は米ユタ州のソルトレークシティに暮らすシングルトン夫妻の愛猫で、日中は夫妻が勤める事務所オフィス猫として働いている。

同居猫らしいバディとツーショット。体もけっこう大きめ?


 アルバートの名は、淡いグレー巻き毛で有名な科学者アルバート・アインシュタインにちなんで夫妻が命名したという。


ショー向きじゃない!とディスられたことも


 インスタグラム登場がきっかけであっという間に人気になったアルバート。だが過去には心無い言葉に傷つけられたこともあるようだ。

 プロフィールには「ショー向きじゃない、とディスられたこともある。でも今に見てろよ」とあり、自分なりの魅力で勝負する意気込みをあらわにしている。

たまにはこんな表情も


 確かにアルバートはいわゆる美しい猫枠には入れないかもしれない。
 というか、猫も見た目はいろいろだ。

 以前紹介したパールさんのように基本おこに見えても愛情豊かで人なつっこいタイプもいるわけで、そのギャップにときめファンもまた多かったりする。


表情にぴったりのキャプションも評判


 またおこ顔のみならず、その表情にフィットしたキャプションも評判だ。たとえば、アルバートの鬼気迫るショットにはこんな言葉が添えられる。
オフィスで使える顔技「週末に出社して仕事してくれないか?」という上司にはこんな表情で。


 そして現在、アルバートのフォロワーは20万人以上。アメリカの有名メディアやCMなどにも出演するアイドルに。

飼い主のマイクさんと新年のごあいさつおとなしい子じゃのう


 万人受けせずともたくさんの人を惹きつけるアルバートは、彼の一番のファンである夫妻に支えられて猫界のスターダムを邁進中だ。

/written by D/ edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52269791.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

岩になったり死んだふりしたり...動物病院嫌いな猫たちの戦略
なんでこんなひどいことを!木に首をくくりつけられたまま放置されていた犬が発見された
迷い子猫を発見。一晩だけ保護するはずが、先住犬を母のように慕うもんだから予想外のハッピーエンドに(アメリカ)
スプーンに乗りそうな小さな子猫、心優しい家族のもとで成長中
目が見えなくなった犬をやさしくいたわりながら添い寝する猫

―動画の紹介記事―

なんでこんなひどいことを!木に首をくくりつけられたまま放置されていた犬が発見された
ブドウの手術が行われただと?医療用ロボットハンドでブドウのオペを行う動画が話題に
拡大すると人までクッキリ!195ギガピクセルの超高解像度パノラマ画像が凄い!
ペロペロ、ぺペロペロ・・・玄関チャイムを3時間舐め続けた男をとらえた監視カメラ映像(アメリカ)
スプーンに乗りそうな小さな子猫、心優しい家族のもとで成長中
高貴なオコ顔で睨まれたい人続出。インスタ・アイドルとなった猫「ポンパス・アルバート」