お笑いコンビダウンタウン松本人志が、13日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、NGT48山口真帆が暴行被害を受けたことについてコメントした。

山口が昨年12月新潟市内の自宅マンションに帰宅した際、玄関前で2人の男に暴行された今回の事件。山口本人が動画配信サービスSNSを通じて告発したことで明るみになり、運営側は「本人から公表する形になってしまったことは、本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった」と謝罪した。

松本は、ファンとの距離が近いアイドルであることを「今までとは違って、寄り添ってくるアイドル」と表現。「それをいいことにファンカウンター狙いで」とさらに距離を縮めようとするファンがいるといい、「こういう事件はこの先も起こるんじゃないの?」と事件の再発を危惧した。

運営側の発表によると、「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった」。松本が「メンバー同士も秘密ばっかりになってしまうよね。何も話せなくなる」と今後メンバー間のコミュニケーションに影響が出ることを指摘すると、ゲスト出演したHKT48指原莉乃も同意し、「そんなグループ応援できないじゃないですか」とファンを思いやった。

一方、松本は「マネージャーは、もっとおっさんがやったほうが良いと思うよ」という意見も。「若いでしょ? 若い男はそこまで考えてないねん」とマネージャーの経験不足を推測し、「自分の娘ぐらいの子をマネージメントしていると考えたら、もうちょっと真剣に考えると思う」と持論を述べていた。

画像提供:マイナビニュース