参照:FlyScoot

昨年3月のハワイひとり旅。
弾丸旅ですし、お値段はなるべく抑えたい!

ということで、LCCを利用しました!
その頃就航し始めたSCOOTを予約しましたよ〜♪

ちょうどセールをしていて、「関西空港ハワイ」片道9800円!!!
というキャッチーを発見してすぐさま予約。

scootの予約方法



では早速、scootの予約方法をご紹介します!

基本情報の入力




参照:scoot

こちらに、出発する空港と到着する空港と日程、人数を入力。

このとき、日程のところにカーソルを置くとこのような画面になります。




参照:scoot

関空からハワイへの便は、週に4回(月・火・金・土)だけなので、曜日が合う方はラッキーですね。

フライト検索!




参照:scoot

フライト検索のボタンを押すと、こんな画面になります。

このブルーのところは、自分が日程を入れたところ。
イエローは、フライトがあるところを示しています。
グラフのところにカーソルを持っていくと、それぞれの日程のフライト料金が出てきます。

ですので、この1ヶ月で一番お安い日に決めることもできます。

オプションを選択



ここで、往路の日程を決定すると...


参照:scoot

こちらの画面になります。
エコノミークラス・スクートビズクラスのお値段が表示されますね。

この黒い丸と紫の丸のどちらかを選択すると...


参照:scoot

こちらの画面になります。


Fly:エコノミー座席のみ

フライバッグ:エコノミー座席とスーツケースを預ける

フライバックイート:エコノミー座席とスーツケースと食事とドリンク

スクートビズクラス 

の4つがありますので、こちらからどれかを選択。

我が家の場合、スーツケースは預けたいので【フライバッグ】を選ぶことが多いです。
ただ8時間ほどのフライトですので、子供たちは確実にお腹が空きます...!

その場合は、【フライバックイート】を選びます。

旅行者情報の入力



こちらも往路を入力したら次はこんな画面に...


参照:scoot

まだ予約は確定されていません。


旅行する人の必要事項を入力します。
パスポート通りに入力してくださいね!!!
私のように4人家族で予約する場合は、タブが4つあります。

左の大人1・大人2・大人3・大人4のタブに必要事項を入力します。

この画面の右上にあるのが、4人分のエア料金になります。

長くなったので、続きはまた書きますね!

マハロ!!!
お値打ち価格でハワイに行くならLCC♪運が良ければ、片道「大阪→東京」のお値段でいける!?