ベント監督が前日会見で明言避ける 「ソン・フンミンだけでなく他の選手もいる」

 韓国代表は16日、アラブ首長国連邦UAE)で開催されているアジアカップグループリーグ最終戦で、中国代表と対戦する。両国とも2連勝ですでに決勝トーナメント進出を決めているなか、グループ1位通過を懸けた直接対決となるが、韓国を率いるパウロ・ベント監督は前日の公式会見で合流したばかりのエースFWソン・フンミンのスタメン起用について明言を避けた。韓国紙「スポーツ京郷」が報じている。

 2連勝でベスト16進出を決めた韓国だが、初戦でフィリピン、第2戦でキルギスと2試合連続で格下相手に1-0と辛勝。その戦いぶりには国内メディアからも批判の声が上がっていた。そうしたなか、14日に待望の男がチームに合流した。トットナムに所属する絶対的エースのソン・フンミンは、クラブとの取り決めにより今大会の第1戦、第2戦は欠場。13日のプレミアリーグ第22節マンチェスター・ユナイテッド戦(0-1)にフル出場し、直後の合流となった。

 韓国が得点力不足に喘いでいるだけに、国内メディアではソン・フンミン待望論が早くから巻き起こっているが、ベント監督は前日会見で「明日まで時間があるので、練習を通して体の状態を見て最終決定を下す」と、スタメン起用か否かについては明言を避けた。そのうえで、「私たちのチームにはソン・フンミンだけでなく他の選手もいる。ソン・フンミンがプレーすれば他のスタイルサッカーを見せることができるが、そうでなくても私たちの目標が変わることはない」と、エース抜きでも勝利を手にできると強気の姿勢を見せた。

 イタリアの名将マルチェロ・リッピ監督が率いる中国は、第1戦でキルギスに2-1と勝利すると、第2戦ではフィリピンに3-0と快勝。韓国が1位通過を果たすためには勝つしかない状況だ。ベント監督は「グループリーグ1位となるために攻撃的なサッカーを駆使する」と宣言。ソン・フンミンの起用を含めて、日本時間16日の22時30分にキックオフされる“韓中決戦”へ、どのような陣容で臨むのか注目が集まる。(Football ZONE web編集部)

1位通過を懸け韓国と中国が激突【写真:AP】