2019年1月15日、韓国の文在寅ムン・ジェイン1953年生)大統領は、青瓦台大統領府)に130人近くの韓国の企業人を招いて「企業人との対話」という懇談会を開いた。

JBpressですべての写真や図表を見る

 「経済重視」を打ち出している大統領が、主要財閥総帥を全員招集して意見を聞く会合だった。2時間以上にわたった懇談会で財閥総帥は何を話したのか。

 きわめて珍しい光景だった。ソウル中心部にある大韓商工会議所。12時半頃から韓国を代表する財閥総帥たちが続々と黒塗りの高級車で乗りつける。

○財閥総帥全員集合○

 李在鎔(イ・ジェヨン=1968年生)サムスン電子副会長、鄭義宣(チョン・ウィソン=1970年生)現代自動車グループ総括首席副会長、具光謨(ク・グァンモ=1978年生)LGグループ会長、重光昭夫(辛東彬=シン・トンビン=1955年生)ロッテグループ会長・・・。

 さらに、ハンファグループ会長、ポスコ会長、KT会長なども続々と登場する。

 韓国を代表する財閥総帥や大企業トップが、これだけ一堂に揃うのはめったにあることではない。

 この日、文在寅大統領は午後2時から青瓦台で「2019 企業人との対話」という行事を開催することになっていた。総勢130人近く。

 幹事役を務めた大韓商工会議所は、青瓦台に入る際の混乱を避けるために企業人を一度、大韓商工会議所に集め、バスで揃って移動することを決めた。

 出発直前に到着したSKグループの崔泰源(チェ・テウォン1960年生)会長を含め、財閥総帥が普段はめったに乗ることもないバスに乗って出発した。

 韓国メディアによると、参加者は大韓商工会議所が選んだ。以前の政権なら、財閥総帥の取りまとめ役は、全国経済人連合会(全経連)と決まっていた。

 ところが、朴槿恵パク・クネ)前大統領の一連のスキャンダルで、財界の資金集めの先頭に立ったとして、全経連はいまや「積幣」の対象だ。

 今の政権は、こうした行事は、大韓商工会議所と協力するようになった。

○初めての青瓦台での財閥首脳との会合○

 ほぼすべての財閥トップが参加したが、大韓航空を傘下に持つ韓進グループ会長などごく数人は除外になった。オーナー家を取り巻くスキャンダルなどが原因だと言われている。

 文在寅大統領2017年5月の就任以来、財閥総帥とは距離を置いていた。自らの政権の経済政策の基本が、中間層や庶民の雇用や労働環境、賃金を改善する「所得主導成長論」だったからだ。

 これまでの政権が、財閥と歩調を合わせて経済成長を主導することを目指してきたのとは一線を画していた。

 ところが、就任1年後の2018年から、財閥総帥と会って話を聞く機会を徐々に作り始めた。

 それでも、今回のようにサムスン現代自動車、SKグループオーナーたちをすべて青瓦台に招いて話を聞くのは、就任以来初めてのことだった。

 午後2時、懇談会は始まった。

○大統領と商工会議所会長が冒頭発言○

 冒頭発言で大統領は「大企業と中堅企業が韓国経済の大きな流れと転換をリードしてきた。政府は皆様の声にさらに耳を傾け、現場の困難を迅速に解消することに努めたい」と語った。

 大企業の役割をふだんは口にしない大統領としては異例の発言だった。

 この日の懇談会は、大統領のほか、経済副首相や主要な経済閣僚、与党の院内代表や政策委員長も参加し、「経済人が自由に意見を述べ、要望をぶつける」という趣旨だった。

 司会進行役の、朴容晩(パク・ヨンマン=1955年生)大間商工会議所会長(斗山グループ会長)がまずこう切り出した。

 「私たちは外形は大きくなったがまだ青少年期だとも言える。だから時に誤りを犯し、国民の方々のお叱りも受ける。それでも前に向かって走っている企業を見守ってほしい」

 「世界中を駆け回り事業を拡大して稼いだ利益で従業員とともに生活の基盤を作り、税金を納めて国に貢献する。これが私どもの愛国の方式だし、企業家のやりがいだ」

 財閥に対する国民の厳しい視線を意識した「模範発言」だった。その後、朴容晩会長は、企業人に発言を促した。

○李在鎔副会長がマイクを握る○

 2時間の懇談会で話題となったのは、大勢の参加者がいる対外行事で目立った発言をする機会がめったにない李在鎔サムスン電子副会長マイクを握ったことだ。それも、1人2分間という発言を大幅に上回る時間発言をして注目を浴びた。

 「韓国一の企業として昨年約束した宿題である、3年間で4万の雇用、を必ず実現させます。単純な数字の問題ではなく、質の高い雇用を作ることが企業の義務です」

 まずこう、話した後、めったに話すことはない子供についてふれた。

 「私も2人の子供の親ですが、子供たちが成長するにつれて若い人たちの苦労を感じるようになってきた。こういう方々に機会、夢、希望を与えられるように努力したい」

 さらに次のように言い切った。

 「昨年後半から輸出実績が不振に陥り、国民の皆さんに心配をおかけして申し訳ない。国際政治の不確実性が高まっているとか、市場が縮小しているとか言うのは、いい訳だ」

 「企業はこういうときこそ準備し、来年、もし同じような機会があるのなら、堂々と成果を報告できるようにしたい」

 加えて、こうした企業努力を強調したうえで、政府にも「企業の意見に耳を傾けていただきたい」と語った。

 他の財閥総帥からも発言があった。

 SKグループの崔泰源会長が「政府が推進する新事業育成など革新経済政策について、失敗を挽回できる社会がその前提だ」などと述べた。

 ただ、財閥総帥は予想通りというべきか、当たり障りのない話に終始した。

○地方代表からは懸念相次ぐ○

 むしろ、経済の現場に根づいた話をしたのは地方の商工会議所代表たちだった。

 特に地方からの参加者からは、最低賃金の急速な引き上げが深刻な影響を与えていることへの懸念の発言が相次いだ。

 最低賃金の引き上げなど「所得主導成長政策」については「速度調整」を求める発言も出た。

 また、脱原発政策によって地域経済に影響が出ているとの発言もあった。

 合わせて17人が発言し、大統領や関係閣僚がこれに答える形で進み、懇談会は2時間にわたった。

 終了後、大統領は、李在鎔サムスン電子副会長、崔泰源SKグループ会長など財閥総帥とだけ青瓦台内の散策に出かけた。

○過去最悪のPM2.5の中を散策○

 この日は実は、外を歩くのには「最悪」の日だった。ソウルは朝から、大気汚染が深刻でPM2.5濃度が過去最悪だった。

 テレビラジオでは、さかんに「できるだけ外出は控えるように」と報じていた。

 それにもかかわらず、大統領と財閥総帥たちの「散策」が予定通り実施された。大統領も財閥総帥たちも大変だったはずだ。

 この席でも主役は李在鎔副会長だった。

 「大統領、昨年、インドの工場にお越しいただきましたが、当社の工場や研究所をまた訪問してください」

 「サムスンが大規模投資をして工場や研究所を作るということでしたら、いつでも行きますよ」

 こんな会話が行き交った。

 さらに文在寅大統領が「最近、半導体市況が悪化しているようですが、どうですか?」と聞くと、「良くはありませんが、こういうときこそ実力が試される」となど語り、投資や事業拡大に意欲と自信を見せた。

 すると、半導体事業でライバルであるSKグループの崔泰源会長が話しに割り込んで「サムスンがこういう話をすると一番コワい」と茶化して見せた。

 李在鎔副会長は、崔泰源会長の肩をもみながら「ああ、営業秘密を話してしまった!」と応じる場面もあった。

○企業人の声を聞くことは評価できるが…○

 この日の懇談会について、産業界は概ね肯定的に受け止めている。

 「労組は市民団体だけでなく、大企業の意見を聞くという姿勢にとりあえず、ほっとしている。今後、大統領だけではなく、閣僚などによる個別企業の工場や研究所訪問や企業人の意見を聞く機会が増えるのではないか」

 「企業は個別の政策に反対することはあっても、反政府ということはなく、お互い協力できればいいと考えている」(大企業役員)

 韓国紙デスクはこう見る。

 「大統領は年末から経済重視の姿勢を明確に打ち出している。企業人の声を聞くことは、悪いとは言えない」

 「予想外の発言や活発な議論がなかったのは残念だが、青瓦台の行事に100人以上も呼んで、政府と企業がガチンコ討論するはずもない。それでも、ふだん、できるだけ発言しないようにしている李在鎔副会長が思いのほか、よくしゃべって少し驚いた」

 一方で、別の韓国紙記者はこう話す。

 「財閥総帥を一堂に集めるという発想がもう時代遅れだ。総帥がバスでみんな揃って青瓦台に向かう光景に違和感を覚えた」

 「国民に、経済もがんばっていますと見せるための行事も必要だが、もう少し、やり方に工夫があってもよかったのではないか」

 経済が落ち込む中で政府と財閥との関係がどう進むのか。2019年はまず、青瓦台での対話から始まった。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「韓国疲れ」再び、文在寅政権に愛想をつかす米国

[関連記事]

辛酸舐める韓国の財閥オーナー、2019年も?

レーダー照射:国際法違反を知られたくなかった韓国