昨年11月の代表デビュー戦で負傷 「アジアカップがなかったことでレッズに行けた」

 J1の横浜F・マリノスから浦和レッズへの加入が決まったDF山中亮輔は、16日の新加入選手会見に臨んで「簡単に試合に出られると思っていない。キャンプからアピールして試合に出られるように」と決意のコメント。そして、年明けの電撃移籍が実現した背景には「運命を感じる」と話した。

 山中は昨季の横浜FMでアンジェ・ポステコグルー監督によるポゼッションサッカーのなかで、中央にも進出する“偽サイドバック”としてプレー日本代表に選出され、11月の国際親善試合キルギス戦(4-0)ではデビュー戦で強烈な左足のシュートを決める鮮烈なインパクトを残した。

 横浜FMでも当然のように中心的な存在だったが、年明けに浦和からオファーが届いた。山中はそのキルギス戦で負傷したこともあり、現在アラブ首長国連邦UAE)で開催中のアジアカップメンバー入りを逃していた。それだけに、この移籍が実現したことに対する思いをこう話している。

「代表のデビュー戦ではインパクトを残せたとは思いますが、そこで負傷もしてしまいました。ただ、アジアカップがなかったことでレッズに行けたとも思っています。(アジアカップに)行っていれば、この移籍はなかったと思うので、運命を感じる。マリノスは始動が早かったので決断も早くしなければいけなかった。いろいろな選手に相談もしたけど、悩んだ結果の決断です」

 浦和には左サイド日本代表選出歴を持つMF宇賀神友弥が、長年レギュラーとして所属する。それだけに山中も「簡単に試合に出られるとは思っていない」と話すものの、浦和行きを決めたのは自身を見つめ直してのことと、野心があるという。

レッズで活躍できれば、Jリーグでは突き抜けた存在になれる」

マリノスに残っていれば、プレー機会はある程度約束されたと思います。ただ、それに甘えずに成長するために決断しました。そういう計算ができる場所にいるとプレーは良くなくなってしまうと思っていますし、少しでも気を抜いたら、という環境に身を置きたいと。レッズで活躍できれば、Jリーグでは突き抜けた存在になれると思っているので、そこまで行きたい」

 日本代表への選出を逃したことと、ポジション争いのある環境が成長につながるという考えが、電撃移籍の要因になった。それに加え「ACLがあるのも決断した大きな要因」と、浦和が昨季のタイトルラストチャンスになった天皇杯を獲得し、AFCチャンピオンズリーグACL)出場権を得たことも浦和行きへ背中を押した。

 正確かつ強烈な左足はJリーグでもトップクラスオズワルド・オリヴェイラ監督について「勝利のメンタリティーを知っている」との印象を話す山中は、新天地の左サイドでどのようなプレーを見せてくれるだろうか。(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

J1浦和に、横浜から移籍加入したDF山中亮輔(左)【写真:Football ZONE web】