ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・安田純平が被害届けを出さないと発言
・某ネットメディアが悪意のある書き方
ツイッターで「私が被害届を出そうと出さなかろうと捜査する」

安田純平 ツイッター

シリア過激派組織から解放され昨年10月25日に無事帰国した安田純平さん。11月2日には会見を行い拘束の一部始終をい語った。

そんな安田純平さんが1月12日専修大学で講演を行い、何故紛争地帯で取材をするのかについて語った。

その中で帰国してから安田さんは警察に何度も事情を聞かれ「被害届を出してください」勧められ迷っている。しかし安田さんは「戦争の最前線で撃たれても、被害届は出しませんよね。同じように、紛争地で拘束されたことを『被害』と言っていいものか……」と被害届を出さない旨の発言をした。

この講演の発言の部分だけが他のネットメディアで一人歩きし、シリア過激派組織を庇っていると言う表現にすり替えられ掲載。

それに対して1月17日、安田さんが自身のツイッターに次のような投稿を行った。

ネットの記事に出たので説明しておく。警視庁はすでに私の人質事件を認知しているので、私が被害届を出そうと出さなかろうと捜査する。それは警視庁が明言している。被害届出すかは強制ではないし、考えて決めてほしいということで、こちらは拒否していないし外事三課からの質問にも全て答えている」

つまり安田さんが被害届けを出そうが出さないでおこうが、警察は捜査をするというのだ。捜査はキッチリされていると名言。このツイートから数分後に次のようなツイートも行われた。

「拘束中も帰国後もせっせとデマを拡散する人々がおり、当然、そのことも警視庁に詳細を話している」

デマを拡散している人を警視庁に報告しているという。

ただ被害届けは出しておいた方がいいと思うのだが、そこまで拒む理由はあるのだろうか?

安田純平 ツイッター