野村不動産株式会社東京都新宿区/代表取締役社長 宮嶋 誠一 以下、当社)は、シンガポールの不動産仲介会社であるTokio Property Services Pte Ltd(本社:シンガポール/代表者:高野 徹 以下、TPS社)と、本日2019年1月17日付で資本提携契約を締結しましたのでお知らせいたします。当社はTPS社株式を50%取得し、持分法適用会社として同社を共同経営してまいります。

 当社の仲介・CRE部門では、シンガポール国内にとどまらず東南アジア諸国の多くの投資会社が集積するシンガポールにおいて、日本へのインバウンド不動産投資ニーズを取り込むべく、2015年TPS社と業務提携契約を結び、多くの実績を積んでまいりましたが、今後より一層活発化が予想される東南アジアからの不動産投資ニーズに対応するとともに、日本国内投資家の東南アジア各国へのアウトバウンド不動産投資ニーズへの対応、日本企業の海外進出時の各種情報発信機能を強化すべく、今回の資本提携に至りました。

 今後は、TPS社と香港現地法人のNOMURA REAL ESTATE HONG KONGを拠点に、アジア圏での仲介・CREビジネスの充実・拡大を目指すとともに、タイ、ベトナム、中国、フィリピンなどアジアを中心に不動産開発事業を展開する当社・住宅部門や賃貸部門等の開発部門とも連携し、様々な事業機会の獲得にも取り組んでまいります。


出展 :当社「統合レポート2018」 69頁より抜粋
https://www.nomura-re-hd.co.jp/ir/pdf/AR2018_j_3.pdf

配信元企業:野村不動産ホールディングス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ