「紅白の総合司会を2年連続でやり遂げたことで、燃え尽きてしまったのかもしれません」(NHK関係者)

 NHKが揺れている。有働由美子が退社した現在、局の期待を一身に背負う桑子真帆アナ(31)が、年内いっぱいでの退社を決意したというのだ。桑子アナは報道番組『ニュースウオッチ9』のキャスターを務め、内村光良とともに2年連続で紅白歌合戦の総合司会に起用されるなど、誰もが認めるエースアナだ。

「本来は3月で退社を考えていたようですが、移籍先がまだ決まっていないというんです。『ブラタモリ』で可愛がられたタモリが所属する『田辺エージェンシー』が有力視されていたが、うまく話がまとまらなかったそうです」(芸能記者)
 そもそも彼女に独立話が浮上した理由だが…。

 「現在は報道番組のキャスターを務めているが、本当はバラエティー番組のMCをやりたいそうなんです。実は桑子アナはかなりのミーハーで、芸能人にも知り合いや友達が多い。加えて紅白の司会を務めたことで、いずれは後輩に仕事を取られるだけになる。年齢的に、人気が陰りがちなのも理解しているというわけです。現在、“ポスト桑子”として注目されているのが『おはよう日本』の和久田麻由子アナですよ」(同)

 晴れて桑子アナがフリーになった場合、気になるのは起用される番組。民放局間で争奪戦になるのは明らかだという。

 「まず手を挙げるのが、フジとTBSです。希望するバラエティー番組での起用を考えている。日テレは先に起用した有働が結果を出していないことやフリー転身が噂されていた水卜麻美アナが1年残留を表明したことで、静観する方針です」(テレビ局関係者)

 そんな彼女の出演料といえば…。
「民放だとゴールデン&プライム帯で1本50〜80万円。結果を出さないとギャラはアップしないでしょう」(芸能プロ関係者)

 視聴率で苦戦する先輩・有働の二の舞にならないことを祈る。