クリスエヴァンスキャプテン・アメリカ)とトム・ホランドスパイダーマン)という『アベンジャーズシリーズキャストが、再び共演することになった。Netflixの新作映画『The Devil All The Time』で、他にも豪華キャストが集結する。

Netflixは現地時間16日、豪華キャストを集めた新作映画『The Devil All The Time』の配給権を獲得したことを発表した。原作は2011年ドナルド・レイ・ポロックの同名小説で、監督はNetflixテレビシリーズ『The Sinner -隠された理由-』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたアントニオ・カンポスが務める予定。脚本はアントニオとパウロ・カンポスが共に手がけ、音楽監修にはランドール・ポスタープロダクション会社ナインストーリーズからジェイク・ギレンホールとリバ・マーカーらがプロデュースにあたる。

ツイッターで発表されたキャストはかなり豪華で、『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンストム・ホランドをはじめ、『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017年)のビル・スカルスガルド、『アリス・イン・ワンダランドシリーズのミア・ワシコウスカ、テレビシリーズ『KIZU-傷-』のエリザ・スカンレンらが出演する。

Netflix側は「米中西部オハイオ州のノッケムスティフ(Knockemstiff)という僻地を舞台に、信仰、暴力、贖罪の嵐が吹き荒れる」ストーリーだと明かしており、連続殺人鬼のカップル、信仰心を試す牧師、腐敗した地元の保安官らが登場し、20年にわたる歳月が描かれる。アメリカホラーの神髄と言われるこの作品は、がんと闘う妻のために祈りを捧げ、ついには生贄を捧げるようになるウィラード・ラッセルや、彼の息子でいじめられて育つも行動を起こす時をうかがっているアーヴィンが柱となるが、ロバートパティンソンが牧師、トム・ホランドが息子アーヴィン、クリスエヴァンスが保安官、ミア・ワシコウスカが連続殺人鬼カップルの女性を演じる。

画像は『See What’s Next 2019年1月16日TwitterChris Evans, Tom Holland, Robert Pattinson, Bill Skarsgard, Mia Wasikowska, and Eliza Scanlen will star in “The Devil All The Time,” a midwestern gothic involving a serial killer couple, a faith-testing preacher, and a corrupt local sheriff in a story told across two decades」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト