ディーン・フジオカBiSHなどのMVを手掛けるほか、17年に『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTYリミット・ オブ・スリーピング ビューティ』で商業映画デビューを果たした新鋭監督・二宮健の最新作『チワワちゃん』(公開中)。門脇麦や成田凌、村上虹郎といった若手でも指折りの実力派俳優がそろう本作で、中心人物となる“チワワちゃん”役に抜擢されたのが新進気鋭の女優・吉田志織だ。公開日にあわせてチワワちゃん=吉田志織にフィーチャーした「吉田志織 in チワワちゃん ビジュアルブック」が刊行されるなど、注目度は急上昇中だ。

【写真を見る】注目度急上昇中!「吉田志織 in チワワちゃん ビジュアルブック」も発売されたばかり

チワワちゃん』は、『リバーズ・エッジ』(18)、『ヘルタースケルター』(12)などの原作で知られる漫画家・岡崎京子の同名短編を実写化した青春群像劇。ある日、“チワワちゃん”の愛称で仲間から慕われていた20歳の女性が、バラバラ殺人事件の被害者として発見される。残された仲間たちは口々にチワワとの思い出を話し始めるが、それぞれの記憶の中でまったく違う表情を見せる彼女の姿が浮き彫りになっていく。

「吉田志織 in チワワちゃん ビジュアルブック」では、水着&過激シーンに加えてメイキングや撮り下ろし写真も多数掲載されており、本作で「あの子は誰?」と気になった人にはぜひ手にとってほしい一冊に仕上がっている。

オーディションを経てチワワ役を勝ち取った吉田は、本作で初めてメインキャストを務める新星。2017年に芸能界デビューを果たし、これまで『心が叫びたがってるんだ。(17)、『honey』(18)などに出演してきた。端正な顔立ちとスレンダーボディ、なによりスクリーン映えする存在感で、共演する人気俳優たちに引けを取らない華やかさを振りまく。

そんな期待の新人を迎えて本作のメガホンをとるのは、今年で28歳になる二宮健監督。二宮は自主制作したSFアクションSLUM-POLIS』(13)が国内外の映画祭で高く評価されると、17年には原案・監督・脚本を務めた商業映画デビュー作『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTYリミット・ オブ・スリーピング ビューティ』で桜井ユキと高橋一生を主役に抜擢。本作に出演する成田凌も意外な役柄で起用しており、出演俳優たちの以降の飛躍ぶりにも注目が集まっている。またMVを2作手がけたディーン・フジオカら人気俳優たちと深い親交があり、かたやインディーズ映画の上映イベントSHINPA”のホスト役も務めるなど多才な面を持ち合わせ、話題に事欠かない人物だ。

映画やMVなど、鮮やかかつスタイリッシュな映像に定評のある二宮。登場人物たちの生き様を美しく描くだけでなく、ときに残酷な描写や周囲の辛辣な視点を交えてつづってきた彼が、吉田のさわやかな魅力はもちろん、魅惑的な姿やエモーショナルな演技も引き出している。

事件の真相を探りながら見えてくる登場人物たちのドラマも見どころの『チワワちゃん』。その中でひと際輝く吉田志織の活躍を、ぜひスクリーンチェックしてほしい!(Movie Walker・文/トライワークス)

17年にメジャーデビューした吉田志織&二宮健が『チワワちゃん』で強力タッグ!