大泉洋、本上まなみ、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、深川栄洋監督が17日、都内でおこなわれた映画『そらのレストラン』(1月25日公開)の舞台挨拶に出席。ゲストに主題歌を担当したスカートの澤部渡が登場し、その曲「君がいるなら」を生披露した。

 映画は、洞爺湖を舞台にした『しあわせのパン』(2012年1月公開)、空知が舞台の『ぶどうのなみだ』(2014年10月)に続く、大泉洋主演の北海道映画シリーズ第三弾。

 道南のせたな町を舞台に、海が見える牧場で作り出されるチーズと様々な食材が仲間と家族の心を繋ぎ、絆を強めていく様を描く。

 北海道出身俳優の大泉洋が、様々な葛藤を抱えながらも一日限りのレストラン開店に向け奔走する亘理役を演じ、亘理を温かく見守る妻・こと絵役を本上まなみが演じる。

 また、東京から一人でやってきて牧羊を営む若者・神戸役に岡田将生。さらに、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン小日向文世と若手からベテラン俳優が集結。『神様のカルテシリーズの深川栄洋監督がメガホンを執った。

 この日、劇中でも披露しているギャルソンの衣裳で登場した面々。客席から登場することは知らなかったと言い張る大泉が早々に段取りを忘れる始末。仕切り直して「そらのレストランプレオープンにようこそ!」と声を揃えて観客を迎えた。

大泉洋、本上まなみ、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、深川栄洋監督

 昨年秋にせたな町に1カ月滞在して撮影したという本作。監督も認めた出演者同士のチームワークの良さは、カメラを引いて撮影したロングショットが多用されていることからもうかがえるが、もう一つ、撮影期間に結成された「劇団八雲」にも表れている。

 その劇団は、マキタスポーツを座長に、岡田将生、高橋努、石崎ひゅーいら“劇団員”として名を揃えている。結成の経緯を大泉は「小さな町なので一緒のホテルに泊まれなかった」ことがきっかけとし、説明を始めた。

 それによると、繁華街がある町・八雲を選んだのがその面々。隣町と聞いていたが、車で1時間はかかる距離だという。マキタは遅めの現場入りでも良いが、移動する車は1台しか出せず、俳優業では日が浅い石崎らと一緒になって現場に入っていたようだ。

 大泉は撮影現場から近いホテルに泊まっていたこともあって、現場入りは彼らの3時間遅れ。この3時間の間に、マキタらは台本の読み合わせをおこなうなどして体が温まった万全状態。その光景をみた大泉が「劇団八雲」と呼んだそうだ。

 その劇団八雲は、往復2時間の距離が辛くなり、最終的には大泉らが寝泊まりするホテルに移動。念願だったという温泉にも浸かることができたが、喜びのあまり岩を歩いてたマキタが素っ裸のまま勢いよく転倒。当事者のマキタは「努とケンカするシーンがあってケガは覚悟したけど、まさかここで…」と苦笑いだった。

 一方、映画出演2回目の石崎は「映画の現場はこうなのかな、と思っていました」と語ると、本上らが「違う違う」と否定していた。

 この日は主題歌を担当したスカートの澤部渡も登場。アコギによる弾き語りで「君がいるなら」を披露した。澤部は映画館での歌唱に「雰囲気が違いますから、普段はこんな天井が高いところで歌えませんので…」といつもとは異なる雰囲気にワクワクしながらも、「この映画のおかげで書けた曲。自分の一人のお蔭ではない」と笑み。

 これに大泉は「ぼくのおかげですか(笑)。では共作で」と悪乗りすると、マキタから「自分が強いな」とツッコミ。その大泉はスカートの歌に触発されてか「『ナックハリケーン』、歌いたくなったな…」。更に石崎に向かって「ひゅーいも歌っちゃえよ」。仲の良さが終始垣間見えた舞台挨拶となった。