名曲から生まれた映画

『涙(なだ)そうそう』(2006年)

人気バンドBEGINと森山良子さんが手掛けた名曲『涙そうそう』をモチーフとする映画。TBSテレビ50周年記念企画として製作されました。沖縄を舞台に、幼くして両親を亡くした血のつながらない兄妹の恋を描いています。

「アバター」「グランブルー」見ているだけで感動! 映像が圧倒的に美しい映画5選

兄を演じる妻夫木聡さんと妹を演じる長澤まさみさんの真っすぐな演技が爽やかな感動を呼びます。作中の随所に見られる沖縄の美しい景色にも注目です。

『ハナミズキ』(2010年)

一青窈さんの2004年の大ヒット曲『ハナミズキ』をモチーフにした恋愛映画で、一組のカップルの10年にわたる恋模様を描いています。新垣結衣さんと生田斗真さんが主演を務めたことでも話題となりました。

楽曲の歌詞をキャッチコピーに用い、ストーリーも楽曲の内容をくんだものになっています。最終的な興行収入は28億円を突破するなど、2010年の大ヒット映画となりました。

『未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』(2007年


DREAMS COME TRUE』の楽曲『未来予想図』シリーズモチーフにした映画です。自分の夢をかなえるために別々の道を歩み始めたカップルの恋の行方を描いており、松下奈緒さんと竹財輝之助さんが主演を務めました。

また、DREAMS COME TRUE中村正人さんが音楽監修を担当。主題歌も本作のためだけに書き下ろされたものになっています。

『部屋とYシャツと私』(1993年)

1992年に発売され大ヒットとなった平松愛理さんの同名楽曲がモチーフの映画です。年上の彼氏との結婚が間近に迫っている女性が、後輩からの告白や友人の離婚話などに振り回されながら本当の愛を見つける物語。

有森也実さんが主人公を演じ、杉本哲太さんがその恋人を演じました。

『風に立つライオン』(2015年)

さだまさしさんが1988年に発表した同名の楽曲がモチーフケニアの戦傷病院で従事する医師と、現地の人々との交流を描いています。元の楽曲自体が、さださんがケニアで医療ボランティアに従事した実在の医師の話に感銘を受けて作られたもの。

実話⇒楽曲⇒映画という珍しい流れで製作された作品です。主人公の医師・島田を演じた大沢たかおさんの演技も光る傑作です。

『精霊流し』(2003年)

2003年に公開された内田朝陽さん主演の映画。タイトルからわかるように、さだまさしさんと吉田正美(現:吉田政美)さんによるデュオ『グレープ』の代表曲がモチーフの作品です。

モチーフといっても、楽曲がダイレクトモチーフになっているのではなく、さださんが楽曲を基に書き下ろした同名の自伝小説が原作なので、さださんの半生を描いた映画といっていいでしょう。

『結婚しようよ』(2008年)

吉田拓郎さんが1972年に発表した同名のヒット曲がモチーフの映画です。成長した娘たちの「親離れ」を寂しく思う父の姿を描いたヒューマンドラマで、三宅裕司さんが家族思いの父親を好演しています。

タイトルにもなっている『結婚しようよ』の他、作中には吉田さんの楽曲が数多く登場するのも特徴です。

『桜ノ雨』(2016年)

内気な自分を変えようと思って合唱部に入った女子高生が、部活動や恋愛を通して成長していく姿を描いた作品。主人公の遠野未来を山本舞香さんが演じ、未来が恋する桜音ハル を浅香航大さんが演じました。

作品のモチーフとなったのが、森晴義さんが2008年ニコニコ動画で発表した同名楽曲です。


以上、「名曲から生まれた映画」をご紹介しました。2019年は楽曲がモチーフの映画が幾つも公開されます。冒頭で紹介した『雪の華』や『愛唄 ー約束のナクヒトー』の他にも、関西のロックバンドPAN』の楽曲『想像だけで素晴らしいんだ』がモチーフとなっている『想像だけで素晴らしいんだ - GO TO THE FUTURE-』も1月26日に公開されます。

こうした楽曲がモチーフになっている映画を見る場合は、見る前に楽曲を聴いておくとより楽しめるでしょう。

(中田ボンベ@dcp

もっと映画&ドラマの
コラムを読む!