6_e1

image credit:City of Westbrook, Maine

 隕石が水に落下して、巨大な波紋でもできたのか?
 だが、そうではない。

 実はこれ、アメリカメイン州ウェストブルックを流れるプレサンプスコット川にできた巨大な氷の円盤で、ゆっくりと回転しているのだ。

 そもそも、こんなに大きな物体がなぜ回転しているのか?
 川の流れのせいだろうか?
 だがそうではない。どうやら円盤は自力で回転しているらしい。

―あわせて読みたい―

米ノースダコタ州に出現した直径16メートルの回転する巨大な氷のサークル
おいしそう?川に浮かぶ氷のパンケーキ、スコットランドの川に浮かぶ大量の氷の円盤
ロシアがアップをはじめたようです。雪合戦に本気だす?シベリアの海岸に並ぶ無数の雪玉の正体は?
南極で古代文明の遺跡を発見か?氷が解けたことで人工構造物の正体が明らかに?(※追記あり)
自然が作り出したミステリー、回転する氷のサークル


Giant spinning ice disk forms in Maine river

氷の円盤、アイスディスクの物理学

 この氷の円盤は、地元でも結構珍しく、2016年にある物理学者がその原因究明に乗り出したことがある。

 実験で水槽に小さな氷の円盤を浮かべて確かめてみたところ、その回転は円盤の下に生じた渦によって生まれていることがわかった。

3_e1

image credit:City of Westbrook, Maine

特定の水温で円盤の下に生じた渦により回転する


 水の密度は水の温度が4℃のときが一番高いという。

 氷の円盤のせいで周囲の水が4℃まで冷えると、水平に広まるように沈み込み、これによって渦が生じる。

 このとき氷と周囲の水の温度差が大きいほど、つまり川の水が暖かいほど、水の沈み込みは速くなる。

 するとそれだけ氷の円盤の回転も速くなるというわけだ。

5_e1

image credit:City of Westbrook, Maine

 だが、氷の円盤の回転現象は、水があるところなら必ず起きるというわけではない。

 たとえば湖の水が凍り始めるようなとき、周囲の水はすでに4℃まで冷えているかもしれない。この場合、氷の周りにある水はちっとも沈まないし、ディスクが回転することもない。

 以下の動画は2017年ミシガン州ベスタバーグで同様の現象が起きた時のものだ。


Spinning ice disk in Michigan's Pine River

家で氷の円盤を作り出すこともできるぞ

 ちなみに、この現象、ご自宅でも手軽に再現できるそうだ。

 水にアルミプレートのような硬いものを浮かべて、その上に氷を置いてみよう。プレートが氷よりも暖かければ、氷が溶け出し、その下の水に小さな渦を作り出すはずだ。

References:pressherald/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52269993.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

ハスキー、またお前か!どうしてもベッドから出たくないゼウスのダダっ子がまた始まった。
池に浮かぶ政治家の生首。イサーク・コルダルの浮遊彫刻(フランス)
南米チリでは、ゴールデンレトリバーのワンワン部隊が軍事パレードに参加。かわいすぎて人気爆発。
「やめないか!」マーモット同士の喧嘩を見ていたマーモット、すくっと立ち上がり喧嘩の仲裁に入る
これ見たら絶対にモフりたくなる!ふわモコまんまるチンチラたちの詰め合わせ

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

南極の湖の氷の下に生命体を発見。更に研究を進めれば驚くべき生命体を発見できるかもしれない(米研究)
地球の磁場に異変。その原因は不明。
サファイアやルビーが散りばめられたスーパーアース(巨大地球型惑星)が発見される
これが月の裏側だ!中国の月面探査機「嫦娥4号」が送ってきた最新版、月の裏側の映像
またしても...宇宙の深淵から高速電波バーストを13回確認。その謎に迫れるかも。(カナダ研究)
これはいったい?川の水面に出現した回転する巨大な氷の円盤の謎(アメリカ)