19日のトレーニングで青山が別メニュー、大迫はボールを蹴る姿も

 日本代表は17日のアジアカップグループリーグ第3戦ウズベキスタン戦で2-1と逆転勝利を収めた。グループ首位通過が決定し、21日の決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと対戦する。

 19日にサウジアラビア戦が行われるシャルジャでトレーニングを行ったなか、ウズベキスタン戦でフル出場したMF青山敏弘サンフレッチェ広島)が右膝の違和感により全体練習から外れて別メニュー調整。冒頭15分の公開となったトレーニングでは、ウォーミングアップする選手たちを尻目に、青山はピッチ脇でストレッチを繰り返していた。

 第1戦トルクメニスタン戦(3-2)で2ゴールを叩き込み、逆転勝利に貢献したエースFW大迫勇也ブレーメン)も右でん部の違和感で第2戦以降から出場を見送り、この日も別メニューとなったがボールを蹴るまでに回復している。またGK東口順昭(ガンバ大阪)も腰の痛みを抱えており、今後の出場は不透明な状況だ。

 負傷者が増え始めた日本。チーム一丸となってサウジアラビア戦に臨む。(Football ZONE web編集部)

日本代表MF青山(左)【写真:ⒸAFC】