配偶者を亡くされ、単身となる。この立場を、バツイチならぬ”没(ボツ)イチ”と呼び、死別という暗いイメージから抜け出し、新たな人生を前向きに生きていこうという動きが広がっていることをご存じですか?

没イチ人口の増加に伴い、昨今話題となっているのが「没イチの再婚」です。

死別の悲しみを分かっているからこそもう再婚は考えないのでしょうか、それとも再婚に前向きになるのでしょうか?

親族や、子どもたちなど関係者が多い分、障害も多そうなイメージがありますが実態が気になりますよね。

今回は、そんな「死別再婚」についてのお話です。

“セリア”のアイテムだけでOK!ガスコンロ「グリル排気口」は掃除しなくていい!?

8割以上の”没イチ”が1人は寂しい

没イチ人口

総務省国勢調査によると1990年から2015年の25年間で65歳以上の“没イチ”率はなんと1.5倍に増加し、2015年は男女合わせて864万人を突破しています。

没イチ
Fuchsia / PIXTA(ピクスタ)

ここで「よりそうのお葬式」を運営する「株式会社よりそう」が実施した没イチと死別再婚についての調査をみてみると、配偶者との死別は”寂しい”と感じる方は8割以上に上るという実態が明らかになっています。

グラフ

子世帯が遠方に住んでいるなど、老後に”夫婦二人だけの暮らし”が増加していることもあり、悲しみと寂しさは大きく、人生においてかなりのインパクトを与えるようです。

没イチ
Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

 

没イチの約7割が再婚を希望するけれど…

次に、”死別再婚”についてみていきましょう。

グラフ

再婚の希望については、「再婚したい」「死別再婚を妨げる理由が解消されるなら再婚したい」という回答が69%にも上ります。

結婚式イメージ
keroking / PIXTA(ピクスタ)

そこで、”死別再婚を妨げる理由”をみてみると、以下のようなものがあがりました。

表組
「死別した配偶者に申し訳ない」(27%)「親類からの評判や批判が気になる」(20%)子どもから理解が得られるか」(12%)世間体が気になる」(12%)などその思いは複雑。

自身は再婚に前向きでも、周りからの批判を恐れる気持ちが強く、これが死別再婚を阻む大きな原因となっているようなんです。

 

没イチ
freeangle / PIXTA(ピクスタ)

実は多い死別離婚”賛成派”

死別再婚をネガティブにしてしまうのは、”周囲の目”。

それでは”没イチ”となった親の子どもたちや、一般の方は、”死別再婚”についてどのように考えているのでしょうか?

両親のうち片親を亡くした方に対して、「親が残りの人生を幸せに生きるために新しいパートナーと再婚することをどう思いますか?」と質問してみると……、

グラフ
なんと65%の方が「再婚はありだと思う」と回答していることが判明!

熟年婚
チータン.C / PIXTA(ピクスタ)

理解してもらえるかどうか不安を抱いている回答が挙がりましたが、実際は子どもは死別再婚には賛成しているという実態が明らかになりました。

グラフ

また、”一般の方の抱く死別離婚へのイメージも同様です。

賛成派の割合が62%と高く残された人生を楽しく過ごす選択肢の一つとして”死別離婚はアリ”という概念が世間には定着しているようです

 

いかがでしたか?

今回の調査で、死別再婚について当事者はそれほど不安を抱く必要がないことが分かりました。

死別再婚とは別に、死別でよく問題とされるのが”妻に先立たれ夫が残された場合”

夫のほうが先立つというイメージがあるため、掃除、洗濯などの家事を妻に頼りきりな男性は多いはず。

身の回りのことをおろそかにし、女性のように定期的に集まって話をする習慣もなく、引きこもりがちになり孤独死という例も珍しくありません。

あまり想像したくはありませんが、自分が没イチになって前向きに行動できるタイプかどうかはパートナーがいなくなってからでないと誰も分からない事なのです。

個人としてできることは、普段から人とのつながりを大切にすること。

そして、地域社会は死別された方の生活の豊かさを保つ取り組みを広げていくことが急務であると感じます。

 

【参考】

※ 死別再婚したいと考える“没イチ”は約7割 「スイートピー再婚便」 実施決定

pixta_45613194_S