誰だって付き合うのなら意地悪な人より優しい人がいいはず。性格の良さは魅力の一つです。

そう、男子を惹きつけたいのなら性格の良さを小出しにするのも大事!

ということで今回は、男子だ「この子優しんだろうな」と性格の良さを感じる瞬間をご紹介。

もらい泣きしてる

筆者の男友達が言っていたのですが、友達が悩んで泣いている時に隣で一緒に泣いちゃうような子や、テレビや映画の感動シーンでポロポロ泣いちゃうような子は「純粋で心が温かい人」に見えてしまうんだとか。

感動したり、もらい泣きしたりということは、感情移入できる共感能力のタイプですもんね。

無理に泣けとは言いませんが、感情移入できるように話に集中したり、相手の立場になって考えたりする癖をつけてみるのもいいかもしれません。

泣く泣かないに関わらず、人間関係を良くするためにも共感能力は大事なスキルですから。

初対面の人に自分から笑顔で話しかける

初対面の人には挨拶されるまで自分からは挨拶しない、仲のいい人にしか自分から挨拶しないって……どこか気難しいというか近寄りがたい印象で、性格が良さそうには見えないですよね?

逆に初対面の人にも自分から笑顔で挨拶できる人って、普通に性格良さそうな印象ではないですか?

挨拶なんて当たり前のことなので、できて当然ではありますが……できない人もいますからね。

当たり前のことが当たり前のようにできる人は心も綺麗に見えますから。挨拶は自分からしましょう。

「お先にどうぞ」が言える

これ筆者のお客さんが昔、飲んでいる時に言っていたのですが、「お先にどうぞ」が自然に言える女子は心に余裕があって性格良さそうに見えると。

確かに、エレベーターの乗り降りの際や、何かの列に並んでいる時など「お先にどうぞ」って言われたらちょっと嬉しいし、その人の印象は良いですよね。

心に余裕がないと「お先にどうぞ」はなかなか言えない言葉だと思います。そういう優しい気遣いを意識的に続ければその習慣が体に染み付いて優しい人になれるかもしれませんよ。

店員さんにも「ごちそうさまでした」が言える

デートで男子におごってもらったら「ごちそうさまでした」は誰でも言うと思います。性格がいいと思われる子は、おごってくれた彼だけにでなくお店を出る際、店員さんにも「ごちそうさまでした」が自然に言える人かと。

正直、この一言があるだけでも気分がいいというか、心がちょっと温かくなりますよね。

筆者が過去に元カレと食事に行った際、店員さんにも「ごちそうさまでした〜」って言ったら彼に「いいね。俺そういうの普通にできる子好きだわ」とさらっと褒められました。

男子って意外にそういう細かいところも見ていたりするので、小さなお礼も言えるようになった方がより好印象かも。

性格の良さをちょっと小出しに♡

女子の優しさが垣間見えた時、キュンとしてしまう男子も多いです。意中の彼の意識をこちらに向けるためにも、ちょっとあざとく優しさを小出しにするのもいいと思いますよ。

(美佳/ライター

(愛カツ編集部)

Wake up and smell the coffee