ドラッグストアで花粉症向けのお薬が目立つ季節になりました。首都圏の花粉飛散開始は2月上旬と予想されています。毎年繰り返す花粉症、今年こそ改善したい、ラクしたい!お薬の効果的な使い方を宇多川先生に教えてもらいました。

第2世代抗ヒスタミン薬を花粉飛散前から服用

昨年の夏は暑かったから今年の花粉は昨季より多め……という予想も出ています。スギの木が生い茂り、花粉飛散量はずっと右肩上がり。今後も増えることが予想されます。となると、花粉症とのおつきあいも長〜い目で見ないといけませんね。

そもそも花粉症とは免疫の過剰反応によって生じる症状です。花粉を異物ととらえ、それを体から排除するために鼻水や鼻づまり、涙目、くしゃみなどの症状が現れます。見方を変えれば、免疫が正常に機能にしている証拠です。高齢者に花粉症の人が少ないのは、免疫が花粉に反応しなくなるからです。ですから、花粉症を単にやっかいな“病気”と思わず、今年も免疫が働いているなと思ってください。

とはいっても、症状のつらさはあまり変わらないでしょう。がまんできるものでもありませんので、正しいお薬を使いましょう。

鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状を引き起こす原因は、ヒスタミンという物質です。花粉などの異物を感知するとヒスタミンが放出され、アレルギー症状が現れるのです。このアレルギー症状を抑える薬が「抗ヒスタミン薬」です。

現在では「第2世代抗ヒスタミン薬」と呼ばれる薬が主流です。第1世代の抗ヒスタミン薬は即効性はあるものの、眠気が出るのが難でしたが、第2世代はその点が改良されました。即効性は第1世代ほど高くありませんが、持続性が高い。そのため1日1回か2回、服用すればいいのです。

また、第2世代抗ヒスタミン薬はアレルギー症状をブロックするだけでなく、もともとヒスタミンが放出されないようにする作用もあります。そのため、花粉症が出る1〜2週間前から服用を始めると花粉症がラクになる可能性があります

首都圏なら、例年2月上旬から花粉が飛び始めますから1月下旬から抗ヒスタミン薬を服用するといいでしょう。

効き目がイマイチなら他の第2世代にチェンジしてみる

この季節、テレビCMガンガン流れますが、ドラッグストアにズラッと並ぶのは「アレグラ」「アレジオン」「クラリチン」といったところでしょうか。いずれも第2世代抗ヒスタミン薬です。

「どれがいちばん効きますか?」と聞かれますが、薬と人にも相性があって、一概にどれとは言えません。第2世代抗ヒスタミン薬は眠気が少ないのが特徴ですが、これも人によりけりで、眠くなるという人もいます。一般的、ほとんど眠気がないとされるのが「アレグラ」ですが、それでも眠くなるという人はいます。「アレジオン」「クラリチン」は服用後のクルマの運転をしないようにと明記されていますが、「アレジオン飲んでもぜんぜん眠けを感じない」と言う人もいます。

効き目も同様に人によりけりで、「アレグラがいちばん」という人もいれば、「アレグラいまいち」という人もいます。1箱2週間飲んで、効き目が感じられないようなら、次は別の第2世代抗ヒスタミン薬を試してみるといいでしょう。

処方薬でリーズナブルに乗り切る

このように第2世代抗ヒスタミン薬はドラッグストアで買える時代ですが、病院で処方してもらったほうが、より自分に合った薬がもらえますし、費用もトータルでは安く上がります。

市販薬では、別の薬を試すといっても選択肢は数えるほどしかありませんが、処方薬には新薬を含め、たくさんの薬があります。「デザレックス」「ビラノア」は効き目が早く、眠気の出ない薬ですが、これらは処方薬だけで、市販されていません。

これまで市販の「アレグラ」や「アレジオン」で対処してきたけれど、やっぱり症状がツライという人は、一度病院で診察してもらったほうがいいでしょう。症状やこれまで服用してきた薬を伝えて「私には****はあまり効かないようです」と言えば、より的確な薬を処方してもらえると思います。

費用の点では、たとえば「アレグラ」のようなメジャーな薬にはジェネリックがたくさんあり、これを処方してもらえばさらにリーズナブル。ただしジェネリックにも相性があります。商品によって基剤も違います。何が原因かはっきり確かめるのはむずかしいですが、ジェネリックでは効かなかった、湿疹が出た、などという話はよく聞きます。いずれにしろ病院ではお医者さんに自分の症状、希望を伝えましょう。相性のいいお薬が見つかればラッキーです。

以上、第2世代抗ヒスタミン薬の服用についてご説明しましたが、なんといっても大事なことは物理的になるべく花粉に触れないことと、体調管理です。

マスクや帽子、メガネなどで花粉を体に触れさせない

・家に入る前に衣服や髪をはたいて花粉を落とす

・家の中では加湿器を使うと花粉が床に落ちやすい。もちろん、床掃除をすること

長い目で見れば、免疫力を高めることがアレルギー症状を緩和することにつながります。そのためにはふだんの食事、生活習慣を改善していくことが、もっとも効果的な花粉症対策と言えるでしょう。

花粉症対策の基本、マスクも忘れずに。

賢人のまとめ

花粉が飛び始める前から第2世代抗ヒスタミン薬を服用するのが効果的です。薬の効果が薄いと思ったら、別の第2世代を試してみるといいでしょう。基本的な対策として、栄養バランスのいい食事、睡眠をしっかり取るなどの体調管理が大切です。

プロフィール

薬の賢人 宇多川久美子

薬剤師、栄養学博士。(一社)国際感食協会理事長。明治薬科大学を卒業後、薬剤師として総合病院に勤務。46歳のときデューク更家の弟子に入り、ウォーキングマスター。今は、オリジナルの「ハッピーウォーク」の主宰、栄養学と運動生理学の知識を取り入れた五感で食べる「感食」、オリジナルエクササイズ「ベジタサイズ」などを通じて薬に頼らない生き方を提案中。「食を断つことが最大の治療」と考え、ファスティング断食合宿も定期開催。著書に『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版)『それでも「コレステロール薬」を飲みますか?』(河出書房新社)など。LINEお友達限定で、絶対に知っておきたい薬のリスク情報配信中。

 
関連画像