IoT機器、生活雑貨、AV機器などの開発・製造・販売などを手がけている株式会社AJAX(アイアス、本社:山形県山形市)は、プログラミング教育の必修化に先立ち、楽しく遊ぶだけで賢くなるブロックロボット「マウンジ(MAUNZI)」の予約販売プロジェクトを、国内クラウドファンディングサイト「未来ショッピング」( https://shopping.nikkei.co.jp/projects/maunzi )にて1月21日11時より公開開始します。レゴブロックの要領でロボットを組み立て、動きをプログラミングすることで、論理的思考が身につく最先端のおもちゃです。

マウンジ(MAUNZI)

マウンジ(MAUNZI)

マウンジ(MAUNZI)は、動きやセンサーなどさまざまなキューブを組み合わせておもちゃロボットを作ることができる「キューブ組み立て式」のロボットキットです。また、標準的なレゴブロックと完全互換性があり、レゴブロックで自分好みのロボットにデコることが可能です。

専用のアプリケーション「MAUNZI RC」をダウンロードしてスマート機器からリモートコントロールしたり、「MAUNZI LAB」をダウンロードしてプログラミングして動かすことも可能です。

「眠っていたレゴブロックを動かすプログラミング教材!ロボットおもちゃMAUNZI(マウンジ)誕生」プロジェクトは、未来ショッピング( https://shopping.nikkei.co.jp/ )にて1月21日11時より公開開始いたします。

https://shopping.nikkei.co.jp/projects/maunzi

■マウンジ(MAUNZI)の誕生ストーリー

マウンジ(MAUNZI)は、使わずに家の中に置かれたままになっているレゴブロック。かっこよく組み立てたレゴブロックをしまうのはもったいないし、組み立てなおすのも面倒くさい。再利用するのにいい方法はないだろうか?という思いからマウンジ(MAUNZI)の開発に取り組み始めました。

■組み立てて、リモートコントロールして、プログラミングする

マウンジ(MAUNZI)は、ロボットであり、おもちゃであり、教育製品であり、ゲームツールでもあります。

マウンジ(MAUNZI)は、6才以上の子どもたちと大人を対象としています。

レゴブロックロボットを組み立てる作業は、子どもたちの創造力を広げます。実際に動かすことで物理学の理解にも役立つでしょう。また、ゲーム感覚でロボットプログラミングソフトウェアの仕組みが学べます。もちろん、大人も一緒に楽しめます。

楽しく遊んでいるだけで、論理的な思考が自然に身につき、プログラミングを理解し、ロボットの運動原理も理解できるマウンジ(MAUNZI)は、好奇心旺盛な子どもたちにとって最強ツールです。

(1)レゴブロックと完全互換性のあるブロック型組み立てロボット

マウンジ(MAUNZI)は、ご家庭のレゴブロックを使ってロボットデザインすることができます。

マウンジ(MAUNZI)のすべてのキューブは、標準的なレゴブロックと完全互換性があります。

(2)楽しく遊んでいるだけで、論理的な思考が自然に身につく

ロボットを組み立てることで創造力が向上します

・実際に動かしてみることでロボットの運動原理を理解します

ゲーム感覚でロボットプログラミングソフトウェアの仕組みを学びます

(3)「MAUNZI RC」でスマート機器からリモートコントロール

無料提供しているスマホアプリ「MAUNZI RC」をダウンロードして、マウンジ(MAUNZI)をリモートコントロールできます。

恐竜を作って動かしてみたり、車を作ってレースゲームをしたり、キャノンキューブを使って撃ち合いゲームをすることもできます。

(4)「MAUNZI LAB」でプログラミングの一歩を

タブレットプログラミングアプリ「MAUNZI LAB」を無料提供しています。ブロックを利用したビジュアルプログラミングロボットを精巧に制御できます。手軽で飽きることなく、ゲーム感覚で学習することができます。

スクロールで並べていくので、簡単に、直感的にロボットを理解し、ハードウェアプログラミングを学習することができます。またスクラッチで制御することもでき、パソコンで動かすこともできます。

(5)難しい基板、配線の知識は不必要

(6)無毒性シリコン、無毒性ABSを使用した安全なブロック

プログラミング教育の必修化

2020年度から小学校プログラミング教育が必修化されることが明示されました。小学校段階におけるプログラミング教育の目的は、プログラミング言語の使い方を覚えることではありません。文部科学省は、プログラミング教育を通じて育成すべき資質・能力を「プログラミング的思考」という言葉で表現しています。「プログラミング的思考」とは、物事には手順があり、手順を踏むと、物事をうまく解決できるといった、論理的思考力や創造性、問題解決能力のことです。

つまり、「プログラミング的思考」を身に付けることこそ、次世代を担う子どもたちにとって最も必要不可欠といえるでしょう。

キューブの種類

ウィンドウキューブ:マウンジ(MAUNZI)ロボットの心臓、すべてのキューブを動かします

モーターキューブ :前後に動く2つのモーター内蔵、ホイールをつけて使用します

キャノンキューブ :スプリングとギアでキャノン砲弾を発射します

●回転キューブ   :側面で回転します

●関節キューブ   :上下の細かい角度を調節しながら動きます

ブリッジ     :キューブキューブつなぎます

ライトキューブ  :LEDランプ

●充電キューブ   :ウィンドウキューブを充電します

●サブキューブ   :ウィンドウキューブの信号を他のキューブに伝達します

■4つのキットで展開しています

マウンジ(MAUNZI)ロボットキットでは、「ニック」「ウィリー」「コビー」3つのキャラクターを作ることができます。

ニック」はモーターと2つのホイールで作られたかわいいロボットです。

ウィリー」はモーターと4つのホイールとライトがついた4輪車ロボットです。

コビー」はモーターと4つのホイールとライトキャノンを関節で動かせるキャノン砲弾つき4輪車ロボットです。

【MAUNZI Classic Kit】(ニックが作れるキット)

ウィンドウキューブ×1、モーターキューブ×1、充電キューブ×1、ブリッジ×1、ホイールセット×1、ニックデコパーツ

【MAUNZI Burning Cannon Kit】(ニックウィリーが作れるキット)

ウィンドウキューブ×1、モーターキューブ×2、関節キューブ×1、ライトキューブ×1、キャノンキューブ×1、充電キューブ×1、ブリッジ×5、ホイールセット×2、ニックデコパーツコビーウィリーパーツ

【MAUNZI Dynamic Wheeler Kit】(ニックウィリーコビーが作れるキット)

ウィンドウキューブ×1、モーターキューブ×2、関節キューブ×1、ライトキューブ×1、充電キューブ×1、ブリッジ×3、ホイールセット×2、ニックデコパーツコビーウィリーパーツ

【MAUNZI Full Performance Kit】(自由自在に作れるキット)

ウィンドウキューブ×1、モーターキューブ×2、関節キューブ×2、回転キューブ×2、ライトキューブ×2、キャノンキューブ×1、充電キューブ×1、ブリッジ×6、サブキューブ×2、ホイールセット×2、ニックデコパーツ(クラウドファンディングのみ)、コビーウィリーパーツ(クラウドファンディングのみ)

■今後の展開

現在は、思った通りの動きを表現する「動的キューブ」と、より複雑なロボット作りを応援する「静的キューブ」のみです。今後は、マイクキューブカメラ撮影キューブなど、別の拡がりを持ちより楽しめる「センサーキューブ」の開発をすすめています。

新しいキューブを随時発売していく予定です。

ブロックプログラミングロボット「MAUNZI」商品概要

対応機種    :AndroidOS/Ver4.4以上、iPhoneOS/Ver12.0以上、

         iPadOS/Ver12.0以上

ブロック互換性 :レゴブロック完全互換

電池      :7.4V、1120mAh、Li-Polymer充電池内蔵

最大使用可能時間:連続約50分未満

通信規格    :Bluetooth Ver4.0BLE

走行速度    :0.7m/s

内蔵センサー  :スピーカーLEDUSBケーブル

         ジャイロセンサー(MEMS system)

ファームウェアアップデート:HPにて随時ご案内いたします

生産国     :韓国

         (1年間品質保証)

価格      :オープンライス

クラウドファンディングページ: https://shopping.nikkei.co.jp/projects/maunzi

※MAUNZIとレゴ社は一切関係ありません。またレゴの類似品を販売・配布いたしません。MAUNZI(マウンジ)はロボット製造会社の製品です。

株式会社AJAXについて】

本社  : 〒990-0065 山形県山形市双月町2-6-3

設立  : 2008年(平成20年)6月

TEL   : 023-674-8418

FAX   : 023-674-8419

URL   : http://www.ajaxjp.com/

事業内容: 生活雑貨、家具、AV機器の企画・製造・販売

マウンジ(MAUNZI)