1年目は27試合22得点で健在アピール「俺はピッチの中でも外でもここに満足している」

 ロサンゼルスギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、アメリカ最高峰リーグMLSメジャーリーグサッカー)で2年目のシーズンを迎える。「MLS発展の一翼を担いたい」とアメリカサッカーの底上げの力になることを誓った。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 イブラヒモビッチ2018年3月にマンチェスター・ユナイテッドと契約解除し、LAギャラクシーへ移籍した。ユナイテッドでは右膝前十字靭帯損傷の重傷で、2017年4月から翌年3月まで11カ月の長期離脱を味わったが、アメリカの地で復活。MLS移籍1年目に27試合22ゴールマークするなど、37歳ながら健在ぶりを示した。

 MLS2季目を迎えるなかで、イブラヒモビッチは「俺はピッチの中でも外でもここ(アメリカ)に満足している」とアメリカでの生活に充実感をにじませる。そして、単にプレーするだけではなく、アメリカサッカーの発展に尽力したいと意気込みを明かした。

MLS発展の一翼を担いたいんだ。フットボールの発展を助けたい。なぜならフットボールは世界で最もビッグスポーツだと思っているからで、アメリカでも最大のスポーツになるべきだと考えているんだ」

 イブラヒモビッチはこのように語った。アメリカの4大スポーツと言えばこれまでは野球、バスケットボールアメリカンフットボールアイスホッケーだったが、MLSの隆盛でサッカー人気も高まりを見せている。

 現在のMLSで、最高のスター選手であるイブラヒモビッチアメリカサッカーに大きな可能性を感じているのかもしれない。38歳を迎える2019年シーズンの活躍にも期待が集まっている。(Football ZONE web編集部)

LAギャラクシーのFWイブラヒモビッチ【写真:AP】