この度、学生及び非大卒人材 に対するキャリア教育事業等を行う一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(所在地:東京都千代田区、代表理事:古屋 星斗)は、本日2019年1月22日(火)から同年3月31日(日)まで、主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材と定義される「非大卒人材」に代わる新名称を募集いたしますので、お知らせいたします。
この度、学生及び非大卒人材[1]に対するキャリア教育事業等を行う一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(所在地:東京都千代田区、代表理事:古屋 星斗)は、本日2019年1月22日(火)から同年3月31日(日)まで、主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材と定義される「非大卒人材」に代わる新名称を募集いたしますので、お知らせいたします。

昨今、「非大卒人材」という用語が、新聞やテレビなどマスメディアでも使われるようになってまいりました

2018年12月に当団体が発表した「スクール・トゥ・ワーク非大卒人材データ2018」によれば、若者における最終学歴別就業人口(出典:厚生労働省,「就業構造基本調査」(2017年))において、「非大卒人材」が一世代に占める割合は51%と過半数を超えています。

若者における最終学歴別就業人口

当団体では、現在の「非大卒人材」の就業状況に社会的課題があると考えており、未曾有の少子高齢化社会を迎え労働人口が激減する我が国において、「非大卒人材」の活躍は不可欠だと考えています。

当団体としては「非大卒人材」に光が当たることは前述の社会的課題の解決に繋がるため望ましいと思うものの「非大卒人材」という用語自体には問題があると考えています。

それは「非大卒」、すなわち「大卒に非(あら)ず」では、自らが選んだキャリアとは言い難いからです。キャリア教育の観点からも、若者が主体的に選択したと言えるポジティブな名称こそ望ましいと考えます。

そこで、当団体としては、主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材に対する新名称を募集いたします。募集期間は本日2019年1月22日(火)から同年3月31日(日)までで、募集方法は当団体のメールアドレスinfo@schooltowork.or.jp)に名称候補をご記載のうえご応募ください。2019年4月以降、当団体のホームページにて、「非大卒人材」に代わる新名称を発表させていただきます。

[1] 主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材

配信元企業:一般社団法人スクール・トゥ・ワーク

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ