好き嫌いkazoka30/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大人になっても偏食を克服できず、「嫌いな食べ物」がたくさんある人もいる。中には嫌いすぎて、「料理に少しでも入っているだけで嫌」と思っている人までいるようで…。

 

■食べたくない派は3割以上

しらべぇ編集部では全国20〜60代の嫌いな食べ物がある男女1,200名を対象に、「食事について」の調査を実施。

嫌いな食べ物が少しでも入っている料理は食べたくないグラフ

「嫌いな食べ物が少しでも入っている料理は食べたくない」と答えた人は、全体で36.4%とやはり一定数はいるようだ。

 

■他のものにも味がつくので…

性年代別では、男女共に20代が一番多くなっている。

嫌いな食べ物が少しでも入っている料理は食べたくない性年代別グラフ

嫌いなものの味が、他の食材にもつくのが嫌なようだ。

しいたけが苦手。一緒に料理したものに味がつくほど主張が強いので、できれば鍋などに入れてほしくない」(20代・女性)

 

「葉物野菜全般が嫌いで、避けても他の食材にも味がついている気がして。周囲には『そんなのわからない』って言われるけど、嫌いすぎて敏感になっている」(20代・男性)

■外では人の目を気にして…

外では、無理して食べる人もいる。

「今でも野菜が嫌いで家ではそれほど食べないけれど、外出先ではとりあえずなんでも食べるようになった。サラダとか取り分けてくれたのに食べないのは、やっぱり失礼だから。

 

食の好みに変化はないけれど、周囲に気を遣えるようになったのだろう」(30代・男性)

 

■「偏食アピールは大人げない」との声も

人前で偏食をアピールするのは、大人らしくないとの意見も。

「私もかなり偏食だけど、この間、会社の飲み会で先輩が『これは無理』とか何度も言っているのを見て『見苦しい』と思った。好き嫌いばかり言っているのが、子供っぽく見えて…。

 

私も同じようにやっていたところがあるので、注意しようと思った。無理して食べるか、黙って手をつけないなど、大人の対応を考えないと」(30代・女性)

 

健康を考えるのであれば、好き嫌いなく食べたほうがいいのは言うまでもないが…。

・合わせて読みたい→トラウマになった食べ物は何?母親の料理や衝撃エピソードも…

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年12月14日2018年12月17日
対象:全国20代~60代の嫌いな食べ物がある男女1,200名(有効回答数)

食べ物の好き嫌いが激しい人に批判の声 外では無理して食べるケースも