未経験からJRA厩務員の養成学校「馬の学校 東関東馬事専門学院」が、計27頭の競走馬レースへ。計19勝(賞金3171万円)の獲得で、利益を学費還元。授業費50%/最大189万円免除で来年度生徒募集へ

http://xn--u9jt70km8ho23c.com/





深刻な人材不足が深刻化する馬業界に対し、即戦力となる人材を養成する「馬の学校 東関東馬事専門学院」を運営する株式会社 馬事学院(代表取締役 野口佳槻 以下、バジガク)は、学生たちが手掛ける競走馬たち、計27頭が競馬レースへ出走。

平成30年1月~12月まで、全365レースへ出走。1着19回、2着23回、3着27回で、獲得賞金は3171万円となりました。したがって、これらの純利益の一部を、本校独自の馬業界就職支援として、「未経験からJRA厩務員や地方競馬の厩務員、牧場などでの馬の仕事を目指す若者に対して、1名あたり最大189万円の授業費を免除」する制度を取り入れ、平成31年1月22日より、2020年4月生の新規募集を開始しました。



東関東馬事専門学院とは、深刻な人材不足が深刻化する馬業界に対し、即戦力となる人材を養成する「馬の学校」であり、競走馬の馬主でもある株式会社 馬事学院(代表取締役 野口佳槻 以下、バジガク)が運営する国内最大規模の馬の従事者を育てる人材育成学校です。千葉県八街市にあるバジガクの施設には、約70頭の競馬の引退馬(引退競走馬)が過ごし、学生たちの騎乗訓練にも活かしており、現役競走馬やこれから競走馬としてデビューするための育成馬たち、約30頭の競走馬たちを保有しています。また、自分たちが手掛けた競走馬たちを、大井競馬場川崎競馬場船橋競馬場などで、走らせることができる画期的な取り組みが学生たちに人気となり、平成31年1月現在、日本全国から約70名の学生たちが集まり、日々、訓練に励んでいます。


日々の学校の様子ブログhttps://ameblo.jp/shool-blog/






また、競走馬に関係することのみならず、馬術選手の育成や乗馬インストクターなども要請しており、年10回程度、この千葉県八街市にあるバジガクのキャンパスにて、日本馬術連盟の公認馬術大会も開催されています。この度、バジガクは2020年4月生の新規募集を開始するにあたり、募集要項等の刷新をおこないました。学生たちが育てるバジガクの競走馬たちの活躍により、獲得した賞金の一部を授業費に還元し、「未経験からJRA厩務員や地方競馬の厩務員、牧場などでの馬の仕事を目指す若者に対して、1名あたり最大189万円の授業費を免除」する制度を取り入れ、平成31年1月22日より、2020年4月生の新規募集を開始となります。


TBS(完全密着番組)アサ秘ジャーナル/未経験からJRA厩務員へ
金のたまごナビ(動画・映像公開サイト
http://xn--u9jt70km8ho23c.com/2018/0503/643/

◆募集内容
(1)募集期間 平成31年2月22日平成31年7月30日
(2)募集定員 30名程度
(3)合否通知 出願から10日前後
(4)応募条件
(1)18歳~28歳まで
(2)概ね66キロ以下
(3)騎乗または馬の管理をおこなううえで、支障ない健康状態
その他、詳細につきましては募集要項のページをご参照ください。
http://xn--u9jt70km8ho23c.com/boshu/








2020年4月生向け、オープンキャンパスを開催しています。
オープンキャンパスでは、馬業界の仕組みをわかりやすく解説し、卒業後の進路にむけたイメージが湧きやすく、毎年100名以上の方に参加して頂いています。
資料請求・学校案内についても、無料でお届けさせていただいています。

資料請求
http://xn--u9jt70km8ho23c.com/shiryo/

学校見学(オープンキャンパス
http://xn--u9jt70km8ho23c.com/taiken/

□■□■本件に関するお問い合わせ□■□■
株式会社 馬事学院 (http://bajigakuin.com/
代表取締役 野口 佳槻
(所在地)千葉県八街市沖174番地
TEL:043-445-0577
FAX:043-497-4892

東関東馬事専門学院(通称:バジガク)
http://xn--u9jt70km8ho23c.com/





配信元企業:株式会社 馬事学院

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ