だんだんと過激になっていく演技にファンは目が離せない。

 トリンドル玲奈が主演を務める新ドラマ「パーフェクトクライム」(テレビ朝日系)が1月19日よりスタート。初回放送から刺激的なシーンが見られ、反響を呼んでいる。同作は人気コミックが原作で、トリンドルは上司との不貞愛に溺れるインテリアデザイナー・前島香織を演じている。トリンドルは同作で自身初のベッドシーンに挑戦することが放送前から話題となっていたが、第1話の初っ端から眞島秀和演じる上司の冬木拓馬との不貞ベッドシーンからスタート

 何も着ておらず、うつ伏せ状態のトリンドルは背中を愛撫され、艶っぽい表情に。と、情熱的なキスをしたかと思えば、「もう1回して! 今だけでいいから、もっと…」と、プレイおねだりをするなど、ファンにはたまらない興奮度MAXスタートとなった。

 その後も中盤にももう1度ベッドシーン、会社の資料室でイチャつくシーンが用意されており、ファンからは「オレもトリンドルに甘えられたい」「トリちゃんも大人になったな」「早く第2話が見たい」など、内容におおいに満足しているようだ。

「16年に放送された不貞を題材にしたドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)では、相手役の中村隼人ベッドに押し倒しての攻撃的なキスを見せたトリンドル。お人形のような可愛らしいルックスの彼女が新境地を切り開いた当時は衝撃を与えたものですが、23日に27歳となり、だんだんと演じる大人なシーンの過激度も増してきていることはファンとしては嬉しいことでしょう」(エンタメライター

 トリンドルも芸能界デビューして今年で10年。今作が女優人生を左右する勝負作になることはトリンドル自身もわかっていること。それだけに体当たりで挑んだシーンにさらに注目したいところだ。

(田中康)

アサ芸プラス