ゴールデン・グローブ賞アニメ映画賞を始め、あらゆる賞を総取りしている『スパイダーマン:スパイダーバース』(3月8日公開)。本作は老若男女が大笑いし、何度もうなずき、そして号泣するという、映画に求めるあらゆる体験がつまった作品となっている。公開前の日本では「なにがそんなにスゴいの!?」と思う人が多いと思うが、本作のプロデューサーであり、脚本を務めたフィルロードクリストファーミラーインタビューから、彼らが“スパイダーマン”というクラシックヒーローにどのようにアプローチし、本作を“僕らみんなの物語”に仕上げていったのか探っていきたい。彼らコンビがこれまで手掛けてきた『くもりときどきミートボール』(09)、『21ジャンプストリート』(12)、『LEGO(R) ムービー』(14)、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(18)というフィルモグラフィを見れば「なるほど!」と納得の、優しい視点を持ったヒーローものに作り上げた。

【写真を見る】『スパイダーマン:スパイダーバース』を手掛けた名コンビが語る制作秘話とは

■ 「スパイダーバース」を成功に導いた2つの大きな挑戦

――ビジュアルストーリーともに多くの挑戦が見られる作品ですが、どのように成功に導いたのでしょうか。

クリストファー「これを観て、『なんだか新しい!』と多くの人に思ってもらえる作品を目指したんだ。大きな挑戦は2つあって、まず1つ目は、アニメの境界線を越えて、誰もが新鮮に感じられる作品を作ること。映画を観ている間、まるでコミックブックの3Dバージョンの中に入り込んだように感じて欲しかった。もちろん、技術的には挑戦だらけだったけれど、技術スタッフは熟練かつアイデアが豊富なチームで、見事に仕上げてくれた。大事なことは、大勢のプロデューサー陣も、3名いる監督も、たくさんの技術スタッフも、全員が一つのテーマを共有して映画を作り上げたことだ。2つ目の挑戦は、誰もが感情的に繋がれる物語を作ることだった」。

フィル子どもが観ても、大人が観ても、すべての観客が気に入ってくれるような作品をね。日本人の君に偉そうに言うのもヘンな話だけど、アニメってどんな物語も語れるツールなんだよ。アメリカでは、アニメを作る時にまず、子どもたちと彼らの保護者に向けて作ろうとするんだ」。

クリストファー「そうそう。特定のターゲットを定めて作る必要なんてないよね」。

フィル「いまの子どもたちはみんな洗練されているし、なんでもわかっている。そういう子どもたちを育てている親たちだって同じだ。テスト試写をした時に、いまの子どもたちや親たちは、洗練されたユーモアや、すばらしい物語に飢えているんだとはっきりした。特に、子どもたちを映画館に引率してきた親たちがなにかを感じて帰ってくれることがうれしかったね」。

クリストファーテスト試写は、子どもたちのグループ、親たちのグループ、2、30代の子どもを持たない若者のグループなどで行った。その結果、子どもたちは『これは僕の映画だ!』と言い、20代の若者も『自分の物語だ』と言ったんだ。映画を観た誰もが、自分の物語だと言う。これはすばらしい体験だったよ」。

■ 多彩なキャラクターを生んだ背景に日本アニメの影響

――キャラクターの多様性が生んだ感想ですね。スパイダーマンは一人じゃない。

フィル「その通り。だから父親世代のスパイダーマンがいたり、13歳のスパイダーマンも、もっと若い日系人の女の子スパイダーマンもいる」。

クリストファー1930年代の豚のおもちゃ(スパイダーハム)とかね!自分を投影するキャラクターを必ず見つけてもらえるんだ」。

――スパイダーハムは、手塚治虫の漫画に出てくるキャラクターを彷彿させましたが、もともとマーベルコミックに出てくるキャラクターなんですね。

クリストファー子どものころからあらゆる種類のアニメを観てきたけれど、初めて日本のアニメを観た時の衝撃は忘れられない。アニメメディアであってジャンルではないって気付かされた。ものすごいバイオレンスも作れるし、『となりのトトロ』のような普遍的な物語も作れる」。

フィル「初めて宮崎駿監督のアニメを観たのは、『ルパン三世 カリオストロの城』で、小さな車にタバコの吸殻がいっぱい詰まった灰皿が付いていて、ルパンたちが銀行強盗をしに行くシーンを観て、『なんだこの最高なアニメは!』って思ったんだ。数年前に宮崎さんにお会いする機会があったんだけど、僕ら2人に『とにかく作り続けることですよ。アニメを作り続けなさい』と言ってくれんたんだ。それが僕らの大きなモチベーションになっている。アニメメディアの一つと捉えることは、描きたい物語、やりたい企画を成し遂げる第一歩となった。アニメーションの現在は、まさに黄金期と言える。たくさんの作品が作られていて、一つとして同じようなものはない。最高の状況だよ!」。

アメコミ界の巨匠、スタン・リーが残した精神とは

――マーベル映画ではおなじみの、スタン・リーカメオ出演シーンには試写会場からも大きな拍手が沸き起こりました。

フィル「あのシーンを録音したのは、もう1年以上も前のことなんだよ。スタンの健康状態はそのころからあまり優れなくて、視力と聴力がかなり弱っていたそうだ。残念ながら完成した映画は観てもらえなかったけれど、その前にお会いする機会があった。彼はとても包容力のある人だった。まるで彼のコミックのように、全ての読者を受け入れるような包容力があって、僕らはまるでコミックを読んでいた子ども時代に戻ったような感じだったよ。彼が作ったキャラクターをもとに映画を作りたいと願うクリエイターを受け入れ、そして読者の視点から意見してくれた」。

クリストファースタン・リーは、スパイダーマンの創生にとってとても重要な存在だ。だから彼にはスペシャルカメオ出演をしてもらいたかった。そして物語の中で重要な役目を担ってもらいたかった。彼だったらどのシーンを演じるだろうかと考えて、カメオ出演のシーンを描いた。彼がいなくなってしまった今、そのメッセージや作品は永遠のものになった。このシーンはまだ彼が生きているときにできあがっていて、製作陣はみんなこのシーンをとても気に入ってくれた。いまはそれ以上の意味を持ってしまったけれどね」。

――スタン・リーから受け取った精神は、この「スパイダーバース」の中でどのように活かされていますか?

フィル「よく聞かれる質問が、『どうしてこの物語は人々の共感を得るのか』ということ。こんなに有名なキャラクターを使った物語なのに、どうして自分のことのように思えるのだろう?って。僕らはそのことを3年間考え続けて、これは普遍的な、みんなを勇気付けるストーリーだからだって気づいたんだ。スパイダーマンが戦う相手は、彼自身が恐怖を感じている存在だ。それは世界中の誰もが抱く恐れで、怖いものに立ち向かう勇気を持つことがテーマだと思っている。スタン・リーの貢献はここにある。『僕らはみんな一緒なんだ』と、彼はコミックを読んでいる僕ら全員に語りかけてくれて、10歳のころの僕たちは、彼が自分に直接語りかけてくれているように感じたんだ。僕らも、映画の観客に直接語りかけるような映画を作ろうと思っていた。上からの目線じゃなくてね」。

クリストファースパイダーマンについてまったく前知識がなくても、この映画を観て楽しむことができると思う。子どもスパイダーマンがいて、彼には家族がいて、彼が新しい友達を作る物語だから。とても普遍的な物語だと思うし、子どもも大人も、誰だって自分の映画だって思ってもらえると思うよ」。(Movie Walker・取材・文/平井伊都子)

本作の製作と脚本家を務めたフィル・ロードとクリストファー・ミラー