1月21日に放送された「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaSPECIAL)最新回で、元AKB48西野未姫が“オナラ事情”を明かす場面があった。

【写真を見る】「第二のまゆゆ」と呼ばれたこともある西野未姫がまたまたぶっちゃけ

同放送回では、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”枠で紺野ぶるま、“自称ブス”メンバーとして西野、八幡カオルが登場。

「謝らないブス」というテーマでは、自分がやってしまう“謝らないブスな行動”についてトークした。

すると西野は「私はオナラオナラって自然に出てしまうものだから仕方がない。人間である限りオナラは出るんです。私は、オナラが出てしまったら、(手で扇いで)人に浴びせるし、謝らない」とドヤ顔

続けて「焼き肉を食べた日の後は、なぜかオナラがめちゃくちゃ出る。5秒に1回くらい出るし、めちゃくちゃ臭いんです。

帰りに電車に乗っていたらオナラが止まらなくなってしまって、友達と一緒に乗っていたんですけど、臭過ぎて友達が号車を変えて逃げて行った」と告白し、スタジオが騒然となる。

ほか、矢作兼も“謝らないブスな行動”について言及。

「小木(博明)なんて、グアムで、4つの角を強力なゴムで引っ張り上げる(逆バンジーのような)やつがあって、小木がやったら1つ切れたんだよね?」と話を振ると、小木は「4つで引っ張り合ってバランスが取れているのに、1つ切れたらバーンって逆側の方に(飛ばされた)。

そして柱にガーンってぶつかった。(乗るために)並んでた人たちからは『キャー!』って悲鳴が。でも(現地の外国人スタッフは)一切謝らなかった。ばんそうこうを1枚くれただけ」と海外での体験を明かした。(ザテレビジョン

オナラをしても謝らないことを明かした西野未姫