“aibo”(アイボ)の初めての仕事は「おまわりさん」。ソニーの自律型エンタテインメントロボット“aibo”が室内をパトロールし、その様子をレポートするサービス2019年2月中旬からスタートする。「aiboおまわりさん」は、aiboと共に暮らす中で楽しさに加えて安心感を提供する「セキュリテインメント」(セキュリティエンタテインメント)をコンセプトとした新しいサービス。セコムとのパートナーシップを開始し、将来的な新機能・サービスの提供を目指すという。

 「aiboおまわりさん」の基本機能は、まず、aiboが室内を自由に歩き回って、活動可能な範囲を「地図」として作る。この地図は、「My aibo」(マイアイボ)で見ることができ、その地図の中で、aiboにパトロールしてほしい場所を指定し、名前をつけることができる。

 予め設定された時間帯になると、aiboは「犬のおまわりさん」のメロディーとともにその場所まで歩いて、「見つけてほしい人」を探し、その人に可愛いふるまいを披露する。

 「見つけてほしい人」の顔と名前を10人まで「My aibo」に登録できる。また、パトロールの状況や毎日の暮らしの中でのaiboとの触れ合いの様子をaiboからの「レポート」として「My aibo」で確認できるようになる。

 なお、2019年6月より月々1480円の月額課金制で新サービスaiboプレミアムプラン」を提供開始する。プレミアムプランでは、オーナーが外出中に、パトロールをすぐに開始するよう指示し、aiboを通じて室内の様子をリアルタイムで確認する機能を付加。また、「見つけてほしい人」を発見した際にプッシュ通知機能を提供する。

 また、「プレミアムプラン」では「aiboカメラマン」としてストレージ容量を気にせずaiboに家族の思い出の写真を撮影してもらうことができるようになり、aiboが撮影した写真などを組み合わせ、aiboオリジナルデザインのフォトアルバムを作成して届けるサービスも提供する。さらに、「aiboおまわりさん」や「aiboカメラマン」で集めた思い出の写真や、オーナーaiboのふれあいの記録を、My aibo上の日記で楽しく振り返ることができるようになる。

 ソニーは、aiboのより多様な利用シーンの実現に向け、他の企業や団体、教育機関、個人を含む様々な商品・サービス等との連携を推進すべく、aiboソフトウェアAPIを一般公開するライセンスプログラムを開始する。2019年夏より、aiboの開発環境(Web API)を無償で提供開始する予定だ。(写真は、「aiboおまわりさんイメージ画像。ソニーニュースリリースより)

“aibo”(アイボ)の初めての仕事は「おまわりさん」! ソニーがaiboで家族をみまもる新サービスを提供開始