かわいい」「癒される」と、モテる印象の天然女子。

しかし年齢を重ねると、天然女子に嫌悪感を抱く男性も実は多い傾向にあるようです。

かわいい天然女子がいるのも事実ですが、一歩間違うとウザい存在に早変わり。

無意識のうちに、ウザ天然女子になっている可能性もあるのです。あなたもそうならないよう、ウザ天然女子の特徴をチェックしておきましょう!

空気が読めない

ウザ天然女子の特徴のひとつが、空気が読めないこと。

周りが思いつかないような発言をして場の空気を一転させることは、癒される、かわいいと思ってもらえる天然女子の魅力。

しかし、ウザ天然女子は、空気が読めないことで場の空気を一気に凍り付かせてしまいます。

帰りたがっている人を無理に引き留めたり、深刻な話をしているのにふざけた発言をしたり。言っていいこととだめなことの区別がつかないのです。

筆者は、合コンで、男性陣が集まってお会計の相談をしているところに「男の子だけで内緒話するの感じ悪い~」と言ったウザ天然女子を目撃したことが。

男性だけではなくその場にいた全員ドン引きです。ある程度年齢を重ねたら、察することを心がけておきましょう。

かわいく相手をディスる

相手の気持ちに配慮しないのもウザい天然女子の行動のひとつ。

自称サバサバ女子に通じるものがありますが、歯に衣着せぬ発言がウケる、かっこいいと勘違いしていることで痛い女性となってしまうのです。

会話のなかで相手をいじることが良しとされることもあります。

でも「〇〇ちゃんがかわいいのは若作りしてるから~」「髪切る前のほうが良かったのに~」など、思ったことをなんでも言ってしまうと、相手を傷つけるだけではなく、図々しいウザイ女性だと思われてしまいます。

毒舌が良しとされる風潮がありますが、他人の気持ちに配慮して言葉選びできる人は人気を集めるもの。

これは老若男女、万国共通して言えることなのです。

社交辞令が通用しない

社交辞令が通用しないのも、相手を困らせ、疲れさせてしまいます。

多くの人が「これは社交辞令だからスルーしよう」と思うはずですが、ウザ天然女子には社交辞令が通用しません。

筆者は、断り切れず「じゃあ今度ね」と社交辞令で切り抜けようとした男性に対して「今度っていつですか? いつにします?」と相手を困らせていた天然女子を目撃したことがあります。

社交辞令が通用しない=話が通じない女性」。みなさんもご注意です。

いつだってマイペース

マイペースがいき過ぎるのも、ウザさにつながってしまうことがあります。

天然な人は、自分の世界を持っている人が多いですが、他人を気にしないあまりに迷惑をかけてしまうケースも。

相手のペースに合わせることは恋愛でも仕事でも大切なこと。

男性が食べ終わっているのにいつまでもゆっくり食事する、時間がないのに急ぐ素振りを見せない……。

こんなマイペースさは、相手をイライラさせてしまうのです。

言動が予想の斜め上過ぎる

予想できない言動はときに人を笑顔にしますが、男女関係では予想の斜め上過ぎる言動によって、印象ダウンになってしまうことも。

人はある程度、相手の行動や発言を予測して行動するもの。

だからこそ、予想できない言動を返す天然女子は、次第に相手を疲れさせてしまいますし、結果的に相手の気遣いを台無しにしてしまうこともあるのです。

天然だからといって、常識がないことが許されるわけではありませんから、常識知らずな言動も男性にウザがられてしまう原因。

あなたの発言は大丈夫でしょうか?

おわりに

愛される天然女子は、自分の世界を持っていても人を傷つける言動はしません。

天然と自分本位とでは、まったく意味が違いますよね。

天然と言われた経験がある人も、天然ではない人も、ウザさの特徴を知って愛され女性を目指していきましょう。

(白藤 やよ/ライター

(愛カツ編集部)

GettyImages-663615282