新成人・オリックス・山本由伸の決意と活躍の裏側にあった「やり投げ論」

 2017年に宮崎・都城高校からドラフト4位指名でオリックスに入団した山本由伸投手。高校2年の県大会決勝ではノーヒットノーランを達成し、高校時代から頭角を現してきた。プロ2年目の2018年シーズンには54試合に登板し、4勝2敗1セーブ32ホールド防御率2.89という好成績を残した、期待の二十歳だ。そんな山本投手の活躍に至るまでの「野球観」と少し変わった「トレーニング方法」を紹介する。

(C)ORIX Buffaloes

・合わせて読みたい→
オリックス・吉田正尚、来季はヤクルト・畠山とパフォーマンスを披露?(https://cocokara-next.com/motivation/masatakayoshida-performance/)

理論的に野球と向き合いたどり着いた「やり投げ法」


 オリックスの試合前練習を見にいくと、一人野球ではない競技をしている選手に目が止まる。山本由伸選手だ。彼は真剣な眼差しで黙々と競技用の「やり」を投げているのだ。「野球ボールは小さく、変な投げ方をしてしまっても気がつけない。野球ボールだと誤魔化しができてしまうので、投球フォームのチェックと力やバランスの感覚を確かめ、体にすり合わせる為にやり投げ練習を取り入れました。」と本人が語るように、山本選手はトレーニングに詳しい先生からこの練習を教えてもらい、2017年シーズンのオフから取り入れ始めたそうだ。

「野球は上から下に投げ、やり投げは下から上に投げるが、違和感はないのか?」と聞くと、山本選手は「投げるというよりも乗せるという感覚でやりを投げています。野球ボールもその感覚で投げた方が力加減がちょうどいい。完全にやり投げの投げ方ではないけれど、野球の投げ方と上手く擦り合わせて合致させるイメージでやっています。まだその感覚やバランスは探し中です。」と、独自の表現で答えてくれた。

(C)ORIX Buffaloes

 「変わってる練習だな、とか、やり投げ練習を反対してくる人もいます。でも今の自分はこの練習が良いと思ってやっていますし、しっかり結果を出してやって行こうと思います」と、自信たっぷりに力強く話してくれた山本選手。自分を信じ、今の結果に甘んじることなく野球に取り組む姿勢は、二十歳とは思えない「野球観」と強い信念を兼ね備えている。

最後に、「練習の時、やりがまっすぐ綺麗に飛んでいたら調子が良いという現れです」と語ってくれたので、ファンの皆様は実際に球場に足を運んだ際には是非、そこにも注目して見ていただきたい。
第二弾へ続く。

 山本由伸選手と大のオリックスファンの田中大貴アナウンサースペシャル対談が掲載される「オリックス・バファローズ パーフェクトガイド2019」は2019年3月末ごろに発売予定。

(CoCoKARAnextTwitterFacebookフォロー等で、山本由伸さんの直筆サイン入り色紙を2名様にプレゼント)

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文:CoCoKARAnext編集部、取材協力:オリックス・バファローズ]

オリ・山本由伸の飛躍の裏側にあった「やり投げ理論」と練習方法