成功者への第一歩を踏み出すためのバイブル『ふつうの人がお金持ちになるたった1つの方法』(菅原圭)が、河出書房新社東京都渋谷区/代表取締役社長 小野寺優)より発売!


12万部を突破したベストセラー『お金持ちが肝に銘じているちょっとした習慣』から1年、著者の元には「お金持ちの行動と思考と、お金に苦労する人の行動と思考とは、どう違うのか?」という声がたくさん寄せられた。そこで、両者について改めて考えてみたところ、お金持ちには共通する「行動」や「思考」がまだまだあることに気づいたという。

生きていくとは、選択の連続である。お金持ちになる人は、いつもみごとなまでに「お金持ちになる方向」を選んでいる。まわりの意見や世間一般の声には左右されず、自分自身の中にある「モノサシ」を基準に、どんなときもしっかり選んで行動している。

それこそ、コンビニコーヒーを買うかどうかという小さなことから、どこに住むか、会社を辞めるかどうかという大きなことまで、その「モノサシ」で判断し、未来を切り開いていっているのだ。

本書では、著者が接してきたお金持ちをメインにリサーチし、さまざまなシーンでどのように選択し、行動してきたかという実践例を集められるだけ集めて分析した。

・人と会う約束をしたら → 目的地に30分以上早く着く
・欲しい物が高価なとき → 思いきって買い、それにふさわしい自分になる
・面白そうな人・場所が話題になったとき→スケジュールを変更してでもすぐに「会う」
ライフスタイルを夜型にするか、朝型にするか → 超・朝型に変える
・窮地に立たされたとき →「つらい」ではく「ありがたい」と考える



お金持ちになりたくない人はいない。だから「お金持ちになる!」とまずは決める。決めてしまう。あとは「お金持ちのモノサシ」を一つでも、二つでも参考にして、まずは一歩を踏みだそう。

ちなみに、現代のお金持ちランキングを見ると、ジェフ・ベゾスマーク・ザッカーバーグ、孫正義など、親の遺産を継いだ人ではなく一代で成功した人が目立つ。
彼らもまた、最初はお金持ちではなく「ふつうの人」だったのだ。

【目次より】
第1章 ふつうの人がお金持ちになる道は1つしかない
第2章 「時間」という資源をとことん使いつくす
第3章 「お金の本質」を理解しなければ成功はおぼつかない
第4章 「仕事」のしかたを変えるだけで結果は180度変わる
第5章 どんどん物事を好転させていく「自分磨き」の極意

【書誌詳細】
『ふつうの人がお金持ちになるたった1つの方法』
菅原圭 著
新書 200ページ
ISBN:978-4-309-24898-1
発売日:2019.01.24
本体780円(税別)
【内容紹介】お金持ちは様々なシーンでどう選択し、行動しているのか? お金への考え方、仕事の仕方、時間の扱い方など、すぐに取り入れられるメソッドが満載。誰でもお金持ちへの道を歩んでいけます!
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309248981/

【著者プロフィール
菅原 圭 (スガワラ ケイ)
早稲田大学文学部卒業後、コピーライター、出版社を経て、執筆活動に入る。ライターとして、ビジネス界のキーパーソンや作家、文化人などを数多く取材。「大人としてどう振る舞うべきか」というテーマでの著書多数。

配信元企業:河出書房新社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ