長谷川豊(画像は 長谷川豊氏公式Twitterスクリーンショット

いやはや、またも、この男が出てくるとは。日本維新の会は22日、馬場伸幸幹事長が定例会見を開き、参院選の第二次公認者を発表した。

その中にあったのが、ブログで数々の暴言を連発して大炎上してきた元フジテレビアナウンサー長谷川豊氏の名前だった。長谷川アナは2017年総選挙で千葉1区から出馬したが、わずか1万5014票(7.38%)しかとれず供託金を没収。

政治にはこりごりしたはずであろうに、また、再起するとは面の皮が厚いとしかいいようがあるまい。

 

■「人工透析患者は殺せ」発言

数々の暴言をブログで炎上させてきた長谷川アナだが、社会的問題になったのは、2016年9月に投稿した「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ! 無理だと泣くならそのまま殺せ! 今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」という記事だ。

それまで以上の騒ぎになったために、長谷川氏は謝罪したものの、月曜日から金曜日まで21時に放映される東京MXテレビ「バラ色ダンディ」の司会を務めていたのに降板に追い込まれた。

 

■長谷川氏発言の内容

では、長谷川氏はなんと書いたのか。問題となったブログでは、「先日、ある『人工透析』を担当しているお医者さんと話をする機会がありました」として、その医師によると人工透析患者に対峙している多くの医師は「はっきり言って大半の患者は自業自得」と考えていると紹介。

さらに、「遺伝的な疾患も確かにあります。しかし、私の見立てでは…8〜9割ほどの患者さんの場合『自業自得』の食生活と生活習慣が原因と言わざるを得ません」と語った医師がいたと述べた。

また、長谷川アナはこうした「自業自得」の患者が人工透析に至ると「身体障害者1級」となり、障害者手当がもらえるほか、映画館公共交通機関高速道路が半額、タクシーの初乗運賃の無料チケットがもらえるなど様々な優遇措置が受けられると指弾した。

■事実認識に誤り

しかし、長谷川アナの主張には無理がある。日本透析医学会のホームページで公開されているデータによると、人工透析に至った原疾患は、2014年末時点で糖尿病性腎症が38.1%、慢性糸球体腎炎が31.3%、腎硬化症が9.1%。

その他の疾患は5%未満で、この3つが人工透析に至る主な原疾患となっているのだ。

 

■維新の馬場幹事長「いい政治家になる」

馬場伸幸幹事長

筆者は22日の会見で日本維新の会の馬場幹事長に、「問題発言を繰り返し、ブログを炎上させてきた長谷川アナを擁立するとはいかがなものか」と問い質してみた。以下は、馬場氏の回答だ。

ブログでは色々と炎上していますが、あれをよく見ていただくと、本音は何なのかということが分かっていただけると思うのです。

 

決してああいう書いてあることを、そのまんま彼が思っているわけではなくて、ある意味、問題提起をしている。こういう現状なんですよ、と提起しているのだと捉えています。

 

いま彼も日本全国いろんなところに行って、講演もされているようですので、生で話を聞いていただいて直接対話をしていただければ誤解が解けるのではないか……という風に思います。

 

彼は関西方面では知名度も高いですし、議員バッジをつけて、キチッと政治活動に勤しめば、いい政治家になると思いますので、期待しているというのが本音の部分です」

 

本当にそうなるか甚だ疑問だが、暴言・炎上政治家が誕生するかもしれない。要注目だ。

・合わせて読みたい→長谷川豊が『バラいろダンディ』降板 「MXでも無理だったか」の声

(取材・文/しらべぇ編集部・及川健二

「人工透析患者は殺せ!」 暴言連発で大炎上の長谷川豊アナを維新が参院選比例区で擁立へ