ソニーの犬型ロボットaibo」に見守り機能が追加されることになり、注目が集まっている。

2月中旬からaiboのおまわりさんがスタートへ

ソニーは犬型のロボットaiboアイボ)」の新しいサービスとして、2月中旬から「aiboおまわりさん」の提供を開始すると発表した。

発表によると、「aiboおまわりさん」は一緒に暮らす楽しさに加えて、安心感を提供する「セキュリテインメント(セキュリティエンタテインメント)」をコンセプトとした新しいサービス

まずは、2月中旬に行うaiboシステムソフトウェア バージョン2.0のアップデートで、aiboが室内をパトロールしてレポートする機能を無償で提供し、その後継続的に機能を拡張していくとしている。

出典:「ソニー」プレスリリース

出典:「ソニー」プレスリリース

家の中をパトロールし、登録した人を探す

2月中旬に無償提供される主な機能は、次の通り。

1.My aibo(マイアイボ)に、aiboに「見つけて欲しい人」の顔と名前を登録。

2.My aiboで、aiboが作った家の地図を見ることができるようになるので、その中でaiboにパトロールしてほしい場所を指定し、名前を付ける。

3.予め設定された時間帯になると、aiboが「犬のおまわりさん」のメロディーと共に指定された場所まで歩いて「見つけて欲しい人」を探し、可愛いふるまいを披露する。

トロールの状況やaiboとの触れ合いの様子は、aiboからのレポートとしてMy aiboで確認できるそう。

aibo(JAPAN)が公開している同サービスの動画には、登録した人を見つけると、「ワン」と吠えて敬礼するaiboの可愛らしく頼もしい様子が映っている。

出典:「ソニー」プレスリリース

出典:「ソニー」プレスリリース

外出先から指示できる新機能も追加予定

サービスの新機能として、6月から提供予定の有料サービスaiboプレミアムプラン」で、外出先からパトロールを指示してaiboを通じて室内の様子を確認できる機能や、「みつけて欲しい人」を発見した際のプッシュ通知機能などを提供する予定だという。

また、大手警備会社のセコムと提携し、セコムのホームセキュリティと「aiboおまわりさん」との機能連携の実証実験を始め、将来的に新サービスの提供を目指すそうだ。

aiboおまわりさんについて、ネット上には「可愛い」「ナイスアイデア」「癒されるし安心」「ひとり暮らしのおばあちゃん家に良いのでは」「異変を知らせてくれたらありがたい!」「最高すぎる」「欲しい」など、歓迎するコメントが多数寄せられている。

茶色アイボとカメラマンアイボも

同社は2月1日から、aiboの新しい仲間として2019年限定の特別カラーモデルaibo チョコエディション」を発売。

さらに、6月提供開始予定の「aiboプレミアムプラン」では、写真保存枚数の制限がなくストレージ容量を気にせずに写真を撮影してもらえる「aiboカメラマン」や、集めた写真や触れ合いの記録をMy aibo上で振り返ることができる「aiboの日記」の提供も始めるという。

出典:「ソニー」プレスリリース

出典:「ソニー」プレスリリース

ソニーはプレスリリースで、「今後もaiboオーナーの皆様に愛され、共に成長していくパートナーとなれるよう、新しい商品やサービスを展開してまいります」としている。

【犬のおまわりさん】家の中をパトロールする「aiboのおまわりさん」誕生へ!かわいい敬礼機能も