JR北海道の特急「スーパー北斗」とJR九州九州新幹線で、車内販売が相次いで終了します。いずれも車内販売の利用は、減少傾向にあったそうです。

特急「スーパー北斗」で車内販売を終了

2019年1月24日(木)、JR北海道JR九州が一部で車内販売を終了すると相次いで発表しました。

JR北海道は、札幌と函館を結ぶ特急「スーパー北斗」で、2月28日(木)に車内販売を終了します。函館行きの6、8、10号と、札幌行きの13、15、17号車内販売を継続していましたが、今回の取りやめにより北海道を走る在来線特急から車内販売が姿を消します。

JR北海道によると、車内販売の収入は2001(平成13)年度の約8億円をピークに減少が続き、2017年度は2億円近くまで落ち込んでいました。損益は2013(平成25)年度にマイナス約3億円を記録するなどの赤字が続いています。2017年度では年間約1億5300万円、1列車あたり年間約1100万円の赤字です。

これまでJR北海道は、利用の少ない列車で販売を取りやめるなど収支改善を図ってきましたが、コンビニエンスストアペットボトル飲料の普及などに押され利用の減少傾向は変わらず、さらに車内販売を担当する客室乗務員の人材確保が困難なことも相まって、サービスを終了するということです。

九州新幹線はグリーン車サービスも終了

JR九州は、九州新幹線(博多~鹿児島中央)の車内販売を、ダイヤ改正前日の3月15日(金)に終了します。現在は「みずほ」「さくら」の一部列車で車内販売を行っていますが、その売上は全線開業(2011年)以降のピーク時と比較すると、2017年度では3割強の減となっており、また、新幹線の駅構内には飲食物を販売する店舗があることなどから、今回の終了を決めたといいます。

新幹線グリーン車サービス(あめとおしぼりの提供)も同日に終了する予定です。ブランケットは車内に常備されます。

なお、九州を走る在来線の特急「ゆふいんの森」「かわせみ やませみ」などといった「D&S列車」(観光列車)は、客室乗務員による車内販売が継続されます。

【グラフ】車内販売の収入と損益の推移

JR室蘭本線を走るキハ261系ディーゼルカーの特急「スーパー北斗」(画像:photolibrary)。