株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)は、2019シーズンも引き続きサッカーJ3リーグに所属する「カターレ富山」のユニフォームサプライヤーを務め、ユニフォームならびにトレーニングウエアを提供します。
当社発祥の地、富山県のプロスポーツチームであり、「サッカーを通じて、青少年の健全育成やスポーツの振興、地域の活性化などに貢献し、ふるさと富山が一層元気になることを目指す」という、クラブの運営方針に共感し、2008年チーム誕生から、ユニフォームサプライヤーとしてチームサポートを続けています。

2019シーズンユニフォームは、フィールドプレーヤー1stユニフォームフィールドプレーヤー2ndユニフォームゴールキーパーユニフォームの3種を提供。富山県の豊かな自然を象徴する「立山連峰」と「富山湾」をデザインモチーフとしました。

フィールドプレーヤー1stユニフォーム
鮮やかな青色をベースに、山をモチーフとした細かな柄を規則的に配列することで富山湾の水面に映り込む立山連峰の美しい風景を表現しました。

フィールドプレーヤー1stユニフォーム


フィールドプレーヤー2ndユニフォーム
壮大な立山連峰の山並みを切り取り、勝利「Victory」を表す「V」を胸にあしらったデザインです。
フィールドプレイヤー2ndユニフォーム

ゴールキーパー1st2ndユニフォーム色違い
富山湾へと寄せる波を同系色のボーダー柄で表現しました。さらにボーダー柄にはチェーン(鎖)を用い、守護神としてゴールを守り切るという想いを込めました。
ゴールキーパー1stユニフォーム
ゴールキーパー2ndユニフォーム

いずれのユニフォームも、激しいプレー中においても高いパフォーマンスを発揮できるよう体にフィットするスリムラインを採用しています。また特殊な多層構造によって吸水速乾性に優れ、汗や雨などの不快感を軽減し軽量化を実現した素材を使用しています。2019シーズンを迎え、J2復帰に突き進む「カターレ富山」に、是非ご注目ください。

配信元企業:株式会社ゴールドウイン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ