tantei20190124-e

大きな話題となっている、町田総合高校で撮影された体罰動画。暴力は何があっても許されないとする声も上がる一方で、挑発的な被害生徒の態度や炎上目的もあったとされる撮影生徒の釈明などに対しては、批判的な意見も多く聞かれます。今回のメルマガ『伝説の探偵』では現役探偵で数々の学校でのトラブルを解決してきた阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんが、この「事件」の真相に迫っています。

町田総合高校、挑発炎上生徒 vs ワンパンノックアウト教師事件

都立町田総合高校で体罰問題が発生したと報道された。

教員が男子生徒の顎に見事な右ストレートをかましている動画付きでインパクトも強かったからニュースは一気に拡がったが、その後「生徒側が炎上させようとわざと挑発している」とのことで、その前の動画の拡散や殴られた生徒や撮影した生徒の特定がネット上で行われた。

テレビなどでは殴った教師は最低だという意見と炎上目的でわざと殴らせた生徒らの方が悪質だという意見で争いが起きている。さらに、教員の処分について救済を求める署名活動も始まり、混迷状態となっている。

問題の動画を拾い集めて見てみると

はじめの方の会話は以下の通りであった。

撮影者が「Twitterで炎上させようぜ」と言っている。教員の声は小さくて聞き取りが難しい。

tantei20190124-1

生徒 「あ?」
生徒 「あ?」
生徒 「ウルセェーんだよ、オラー」
生徒 「こんだけ言われて俺がキレないとでも思ってんのかよ。バッカじゃねぇーの」
生徒 「お前、脳みそあんのかよ?」
生徒 「お前の小さい脳みそで考えろ」
生徒 「出て行けとか、何様だよ。なんでだよ」
生徒 「考えろよ、小さい脳みそで」
教員 「いい加減に、外せって話だよ」
生徒 「あ?ちげーよ」
生徒 「病気だろ」
教員 「病気じゃないだろう」
生徒 「病気って言ってんだろ。お前よ。ツゥア※▼□…」

 

腕組みをしている肘と肘が軽く当たる。挑発生徒が少し下がる、教員少し進む。教員の右ストレートが挑発生徒の顎に当たる。

 

教員 「※▼□…って、テメェ、このヤロー」
教員 「誰に向かって言ってるんだ。このヤロー」

 

倒れた生徒を引きずるようにする。すぐに駆け寄る他の生徒ら。

 

他生徒A 「やめなよ
他生徒B 「先生、それは良くないっす」
教員 「やかましい」
他生徒B 「やかましい関係ないです」
教員 「やかましい」

 

終始所々で、動画を撮る生徒の笑い声が入る。

これだけ見てくと、どっちもどっちの印象が強い。

挑発した生徒Iは、殴られて当然とも言えるであろう態度であるし、撮影者Mも「炎上させてやろう」と言っている以上確信犯と言える

一方で、教員も見事な右ストレートやり過ぎと言われればそれまでだろう。

これでは意見が二分しても仕方がない。