日本はVARで吉田のゴールが幻となり、VARで得たPKを堂安が沈めて決勝点をマーク

 日本代表は24日のアジアカップ準々決勝でベトナムを1-0で破り、辛くもベスト4進出を決めた。この試合では、日本のプレーにおいてVAR(ビデオ・アシタント・レフェリー)が2度適用され、後半にMF堂安律(フローニンゲン)がVAR判定の末にPKを獲得し、自ら沈めて決勝弾をマークした。衛星放送「FOXスポーツアジア版は、勝敗を分けたVARについて、ファンの反応を紹介している。

 前半24分、日本はMF柴崎岳(ヘタフェ)の左コーナーキックをDF吉田麻也サウサンプトン)が頭で合わせてネットを揺らすも、今大会の準々決勝から導入されたVARが適用され、シュートが腕に当たったとしてノーゴール判定となった。

 しかし、後半8分、MF原口元気ハノーファー)のスルーパスをペナルティーエリア右で受けた堂安が相手DFに足をかけられて転倒。主審はプレーを続行させたが、その後再びVARが適用されて日本にPKが与えられ、これを堂安が自ら冷静に決めた。結果的にこのPKが決勝点となり、日本はベスト4へと駒を進めた。

 ベトナム戦だけでVARが2度も適用されたが、記事では「日本の前半の1-0のリードを妨げたのもVARの仲介。後半に試合を決するPKを与えたのもVARの仲介」と綴り、VARに対する海外ファンの反応を紹介している。

ファンは不満 海外メディアも「どんな場面でもVARを駆使するべきではない」と指摘

明らかプレーやはっきりとした間違いの場合に採用されるべきであって、そのどちらでもない場合はVARを行うべきではない」
「VARの最も粗末な使い方だ」
「結局はVARに生かされ、VARに殺される」
「VARを導入する意義は本当にあっただろうか? 私は嫌いだ」
「VARの登場はアジアカップを混乱させる」
アジアカップのなかでも最悪のレフェリングだった。VARのせいだ」

 ファンからはVARの導入に多くの不満が寄せられており、記事でも「適切な場面で採用されている時もあるが、そうでない状況でも採用されているように感じる。どんな場面でもVARを駆使するべきではない」と指摘されている。

 アジアカップも残り5試合となったが、VARはまだまだ物議を醸しそうだ。(Football ZONE web編集部)

ベトナム戦では、日本のプレーにおいてVARが2度適用された【写真:AP】