勝野、滝野のルーキー2人、松坂や新助っ人ロメロは1軍

 1月も半ばが過ぎ、いよいよ2月1日キャンプインが迫ってきた。各球団が続々と監督・コーチ会議などを実施し、キャンプの組分けを発表している。ルーキーで1軍(球団によってはA組とも言うが……)キャンプに抜擢されたのは誰か? 新戦力で1軍に入った選手は? こんなところにもファンは注目しているだろう。

 ただ、1軍キャンプに抜擢される者がいれば、そこから外れて2軍(球団によってはB組)でキャンプを迎える者もいる。そこでここでは視点を変え、各球団で1軍キャンプから漏れ、2軍や3軍のキャンプから巻き返しを図る主な選手をピックアップしていこう。

 今回は昨季6年連続Bクラスに沈み、今季から与田剛新監督が就任する中日だ。沖縄・北谷町の北谷公園野球場で行われる1軍キャンプ(北谷組)のメンバーは以下の通り。

○投手(20人)
田島慎二又吉克樹柳裕也松坂大輔吉見一起岡田俊哉大野雄大福谷浩司佐藤優山井大介祖父江大輔福敬登、勝野昌慶、鈴木博志笠原祥太郎、藤嶋健人、ロドリゲス、小熊凌祐、ロメロ、R・マルティネス

○捕手(4人)
大野奨太、木下拓哉、杉山翔大加藤匠馬

内野手(8人)
京田陽太高橋周平阿部寿樹、石川駿、亀澤恭平福田永将堂上直倫、ビシエド

外野手(8人)
遠藤一星井領雅貴、渡辺勝、アルモンテ、モヤ、滝野要、松井佑介、友永翔太

 ドラフト3位の勝野、ドラフト6位の滝野と社会人、大卒の即戦力ルーキー2人が1軍キャンプに抜擢。新加入のロメロや、オフに育成から支配下に昇格した渡辺、強肩捕手として期待される加藤も1軍キャンプメンバーに名を連ねた。また、昨季6勝をマークしてカムバック賞に輝いた松坂大輔も北谷組となった。

 一方で1軍キャンプから漏れ、沖縄・読谷村でのキャンプスタートさせる主な選手は以下の通りになる。なお、外野手の藤井、平田、大島はマイペース調整を行うため。

小笠原慎之介投手
 2015年ドラフト1位で入団した左腕。2017年に22試合に登板して5勝8敗の成績をマークすると、昨季は将来への期待も込められて開幕投手に抜擢された。ただ、左肘の故障で終盤に離脱するなど、17試合の登板で5勝に終わった。10月半ばには左肘の遊離軟骨除去手術を受けており、読谷組でキャンプスタートさせる。

谷元圭介投手
 2008年ドラフト7位で日本ハムに入団し、2017年途中にトレードで中日へ。移籍1年目は18試合に登板したが、昨季は大不振。8試合の登板で2勝を挙げたものの、9回2/3で20失点を喫して防御率14.90。シーズンのほとんどをファームで暮らした。読谷から巻き返しを図りたい。

・木下雄介投手
 2016年の育成ドラフト1巡目で入団し、昨季開幕前に支配下に昇格。中継ぎとして14試合に登板して、1ホールドもマークした。最速150キロを超える真っ直ぐとフォークを武器とする期待の右腕だが、キャンプは2軍で迎えることになった。

鈴木翔太投手
 2013年ドラフト1位右腕。2017年に15試合に先発して5勝をマークし、先発ローテ投手として期待を集めたが、一転、昨季はわずか2試合の登板で未勝利に終わった。右手の血行障害でオフに手術を受けている。読谷組から先発ローテ入りを目指したい。

松井雅人捕手
 昨季チーム最多の92試合でマスクを被ったが、今春キャンプは読谷組で迎えることになった。2009年ドラフト7位での入団後は控え捕手の立場だったものの、2017年に87試合に出場。昨季はキャリアハイの出場数だった。一方で盗塁阻止率がリーグ最低の.170を記録するなど課題も。

根尾昂外野手
 4球団競合の末にドラフト1位で入団したゴールデンルーキードラフト指名後や新人合同自主トレでも大きな注目を集めており、1度は1軍キャンプスタートが決定した。だが、23日の合同自主トレ中に右ふくらはぎを負傷。軽度の肉離れで離脱となり、キャンプも2軍の読谷組に変更となった。(Full-Count編集部)

中日・根尾昂【写真:荒川祐史】