韓国が「日本の哨戒機が韓国艦艇に低空接触を行った」と主張している問題で、韓国メディア・国民日報は24日、「合同参謀本部“日本が追加で挑発すれば、韓国も哨戒機を飛ばして武装ヘリ対応を検討”」と題する記事を掲載した。
記事によると、韓国与党・共に民主党の主要関係者は、合同参謀本部が「哨戒機の同時発進」「武装ヘリコプターでの対応」「警報段階の上方修正」など積極的な対応策を検討しており、このような内容を非公開で報告した。記事は「今後、日本の追加挑発があった場合、韓国軍が積極的に軍事的措置を取る可能性があるという意味」と説明している。
韓国軍は、このような積極的対応方針が日本の外交戦略に振り回されていないか、外交問題で対立が深まらないかなどの懸念についても総合的な検討を終えたという。
また、共に民主党は合同参謀関係者らに「積極的かつ慎重な対応」を求めたという。ある会議出席者は「日本の下心が疑われる状況なので、日本の意図を把握してこれに巻き込まれないよう冷静に対処してほしいという要請があった」と話したという。
これを受け、韓国のネットユーザーからは「中国と北朝鮮の挑発にも徹底的に対応してよ」「外交的に解決すべき。軍事的に対応して勝てると思う?」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は素直に安倍首相に謝った方がいいんじゃない?」など、今回の対応に異議を唱える意見が相次いでている。一方で「検討じゃなくて行動して」「もっと早くからそうしたらよかったのに」とのコメントも。
あるユーザーからは「それこそ軍事力強化を目指す安倍首相が望んでたことじゃない?北朝鮮を使うのは大変だから、韓国をつついてくるのだろう」と推測する声も上がった。(翻訳・編集/松村)

24日、韓国・国民日報は「合同参謀本部“日本が追加で挑発すれば、韓国も哨戒機を飛ばして武装ヘリ対応を検討”」と題する記事を掲載した。資料写真。