ウェストハムが、セルタのウルグアイ代表FWマキシゴメス(22)の獲得を検討しているようだ。イギリスBBC』が伝えている。

ウェストハムでは現在、エースストライカーFWマルコ・アルナウトビッチの上海上港移籍が近づいている。クラブは中国から届いた3500万ポンド(約50億円)のオファーを拒否したようだが、選手本人が移籍を望んでいる模様だ。

そこでウェストハムは、セルタで活躍中のマキシゴメスに照準を絞ったという。2017年に母国からセルタに活躍の場を移したウルグアイ代表FWは、今季はリーグ戦18試合で9ゴール5アシストパフォーマンスを披露している。ハマーズは契約解除金の4330万ポンド(約62憶5000万円)を支払うこともやぶさかではないようだ。

上記の移籍金は実現すればクラブ史上最高額となる。これまでの最高額は、昨夏に獲得したMFフェリペ・アンデルソンの3600万ポンド(約52億円)となっている。

サムネイル画像