オリックスチアリーダーとしても活躍した藤田真実さんがNFLチアに挑戦

 オリックスチアリーダーとしても活動経験のある藤田真実さんは、今春、米プロフットボールリーグNFL)のチアリーダーに挑戦する。一時は夢を諦め、小学校教員を務めていた藤田さんを再び挑戦に後押ししたものは何だったのだろうか。話を聞いた。

 子供の時からダンスが好きだった藤田さんは、京都女子中・高でバトントワリング部に所属。姉妹校の京都・龍谷大平安高の応援で甲子園でもチアリーダーを務めた経験がある。早稲田大進学後は応援部チアリーダーズに所属。六大学野球やアメフトの試合で応援を行った。卒業後は、アメリカンフットボールのXリーグなど、社会人チームを持つ会社に就職しチアを続ける道もあったが「自分の信頼できるコーチの下でレッスンを続けたい」と、アルバイトをしながらクラブチームで活動することを選択した。

「練習を行う場所代、衣装代、海外遠征費など、すごくお金がかかりましたが、大会前になると、夕方から毎日練習があったので、正社員として働くことはできませんでした。その為、シフト制のアルバイトをしながら活動していました。いずれはNFLチアリーダーになりたいと思ってたので、技術を習得するために毎日練習に励んでいました」

一時は大阪府内の小学校に勤務も…「挑戦するのは今しかない」

 さらに上のステップを目指すため、2年で東京のクラブチームを離れ、キッズチアのインストクターを務めながら、オリックスBリーグ滋賀レイクスターズなどで経験を積んだ。しかし、チアリーダーの収入だけでは、この先いつまでも続けていくのは難しいと判断し、引退を決断。教員免許を取得し、大阪府内の小学校に勤務した。だが、チアに対する未練を断ち切ることができず、昨年教員を辞め、NFLチアリーダーにチャレンジすることを決めた。

子どもが好きなので、仕事は楽しくやりがいがありました。でも、教員になってからもチアを諦めきれず、レッスンやワークショップに参加していました。そんな時、同い年の子たちがNFLチアリーダーに合格し、数年越しで夢を叶えました。子どもたちと離れがたく、本当に迷いましたが、挑戦しない限りはこの思いをずっと引きずっていくんだと考えたら、挑戦するのは今しかないと思いました」

 そして昨年、Xリーグのエレコム神戸ファイニーズ チアリーダーズのトライアウトを受け、合格。現役復帰した。今春のNFLオーディションのために、ダンスレッスンやジムでのトレーニング、英語の勉強など準備を進めている。難関のオーディションを突破しても、NFLチアリーダーの報酬はほぼ無い。貯金を切り崩して生活していくしかない。さらに1年契約のため、ベテランになっても落とされることがある厳しい世界だ。それでも、続けられる限りは続けたいと藤田さんは話す。

「いろいろなジャンルダンスを踊れて、お客さんと一体になって選手を応援できる。私にはチアが生きがいです」

 一度は諦めた夢をかなえるため、異国の地で藤田さんの挑戦が始まる。(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki

NFL挑戦の理由を語った藤田真実さん【写真:荒川祐史】