ダノンネーションズカップ実行委員会は、2月3日(日)にJFA ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ(福島県双葉郡)で開催される「ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN 福島会場予選」に大会アンバサダーで元サッカー日本代表前園真聖氏が来場することを発表した。

初の福島県での予選開催となる今回、大会アンバサダーの前園氏はグループリーグならびに本大会出場決定戦を観戦するほか、表彰式でのプレゼンターを務め福島会場より世界を目指すチームを応援する。

前園氏は福島会場予選来場にあたって、「ダノンネーションズカップとして初めて福島で予選を開催するということで僕自身も会場に行けることをとても楽しみにしています。今回出場するチームの中には、過去に優勝経験があるチームも参加すると聞いていますので、とてもレベルの高い予選になると思います。福島県から参加するチームにも期待していますが、何よりもJヴィレッジから世界に行くチームが出ることを楽しみにしています」とコメント2011年東日本大震災以降、2018年 7月に約7年半ぶりに再始動したJヴィレッジで開催される今回の福島会場予選について、思いを語った。

前園氏は今後、大会アンバサダーとして自身の SNSブログを通じて大会の情報を発信していくほか、今回の福島会場予選だけでなく、3月に駒沢オリンピック公園総合運動場で実施する本大会にも来場し、決勝戦の解説や表彰式でのプレゼンターを務める予定となっている。

また今回の福島会場予選では、福島県内から 6 チームが参加するほか過去に優勝経験のある川崎フロンターレ U-12や柏レイソル U-12、またJリーグの下部組織チームからは東京ヴェルディジュニア浦和レッドダイヤモンズジュニア名古屋グランパス U-12など、北海道、東北、北陸、関東、中部エリアの1都1道13県より、全32チームが参加する。

「ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN」では福島会場予選が終了次第、本大会への出場進出全チームが決定し、日本代表の座をかけて2019年3月に本大会を実施。本大会を勝ち抜いた男女各1チームは、今年100周年を迎えるダノンのヨーグルト事業発祥の地であるスペインバルセロナで開催される世界大会への出場権を獲得する。

サムネイル画像