"お菓子の国"、"雪の国"、"花の国"と"第4の国"からなる<秘密の王国>を舞台に、愛する母を亡くし心を閉ざしたクララの冒険を描いた『くるみ割り人形と秘密の王国』。2月6日(水)より先行デジタル配信、3月6日(水)にブルーレイDVDセットで発売となる本作だが、監督をはじめ、キャストスタッフに各方面の超一流アーティストが集結していることでも話題となっている。そこで、本作に携わった監督やバレエダンサーミュージシャン、衣裳デザイナーたちを徹底紹介!

【関連記事】『くるみ割り人形と秘密の王国』主人公クララは、『オズの魔法使い』をインスピレーション?!

■豪華すぎるフィルムメーカー

本作で監督を務めたのはラッセ・ハルストレムとジョージョンストン。ハルストレムといえば、『サイダーハウスルール』でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、『ギルバートグレイプ』、『僕のワンダフル・ライフ』など、心を揺さぶる感動作を生み出してきた名匠。ジョンストンは『スター・ウォーズシリーズ旧3部作で視覚効果に携わり、『インディ・ジョーンズレイダース 失われたアーク《聖櫃》』でアカデミー賞視覚効果賞を受賞、監督としても『ジュマンジ』、『ジュラシック・パークⅢ』などのヒット作を手がけている。そして、本作で最強タッグを組んだ二人は、息を飲むほど美しく幻想的な世界観を表現しながら、圧倒的な映像美を創り上げた。

■今をときめく世界的バレエダンサーたち

劇中でクララが鑑賞する舞台の踊り手として、今をときめく超一流バレエダンサーのミスティ・コープランドとセルゲイ・ポルーニンが競演! コープランド(バレリーナ・プリンセス)は、1998年15歳にしてロサンゼルスミュージックセンター・スポットライトワードで初優勝。2000年にはATBスタジオカンパニーメンバーになり、翌年、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)に正式入団。2007年にはソリストに昇格したが、世界的に有名なバレエ団で黒人女性がソリストを務めた例は希少である。2015年、米TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」の一人に選ばれ、表紙を飾ったことでも注目を集めた。同年、ABTの75年にわたる歴史のなかで、黒人女性として初のプリンシパル・ダンサーに昇格。さまざまな企業のCMにも起用されるなど、一躍時の人に。人種の壁や偏見を乗り越え、不屈の精神で夢を叶えたバレリーナとして、人々のリスペクトを集めている。

ポルーニン(スイーツ・カヴァリエ)は、バレエ界の異端児として知られ、カリスマ的人気を誇るダンサー2006年、若手バレエダンサー登竜門とされるローザンヌ国際コンクールで金賞を受賞。2007年、世界3大バレエ団のひとつである英国ロイヤルバレエ団に入団。"ヌレエフの再来"と称され、2009年、19歳で同バレエ団の史上最年少男性プリンシパルに上りつめた。現在は、若手ダンサーを支援する"プロジェクト・ポルーニン"を立ち上げ、バレエ界の改革に挑んでいる。同時に、俳優として映画界にも進出し、『オリエント急行殺人事件』や『レッド・スパロー』にも出演している。華麗で圧倒的な一流ダンサーの二人が奏でるバレエシーンはまばたき厳禁!

■唯一無二のダンサー リル・バック

フルCGで描かれたねずみの王様のモーションキャプチャーを担当したのは、有名ストリートダンサーのリル・バックテネシー州メンフィス出身のストリートダンサーである彼は、メンフィス発祥のストリートダンス"ジューキング"の名手として知られる。2011年ロサンゼルスで行われたワークショップで、世界的なチェロ奏者ヨーヨー・マの演奏に合わせ、モダンバレエの演目「瀕死の白鳥」をジューキングスタイルで披露。偶然居合わせた映画監督のスパイク・ジョーンズ(『マルコヴィッチの穴』)が、その様子を携帯電話で撮影しYouTubeに投稿したところ、大反響を呼び、再生回数は300万回を突破している。AppleユニクロなどのCMにも出演するなど、幅広く活躍中。本作のエンドロールでは彼が踊る様子を見ることができるのでぜひ注目してほしい。

■物語をドラマティックに彩る、数々の楽曲

全編をドラマティックに彩るのは、「行進曲」「金平糖の精の踊り」「花のワルツ」「葦笛の踊り」など、チャイコフスキーバレエくるみ割り人形」のために作曲した名曲の数々。本作にピアノ・ソリストとして参加しているラン・ランは、2008年北京オリンピック開会式で演奏したピアニスト。2014年、グラミー賞授賞式にてメタリカの「ワン」をセッションした。日本では、映画「のだめカンタービレ最終楽章」にて上野樹里ピアノ演奏を吹替えしたことでも知られており、日本でも追っかけがいるほど大人気!

指揮者を務めたグスターボ・ドゥダメルは、ベネズエラ出身の、現在最も注目される若手指揮者。2009年、米TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出されたほか、2012年には第54回グラミー賞にてベストオーケストラパフォーマンス賞を受賞。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、ジョン・ウィリアムズの指名によりのオープニングエンディングを指揮している。

■絢爛豪華な衣裳も見逃せない!

衣裳デザインを担当したのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などで2度のオスカーに輝くコスチュームデザイナージェニー・ビーヴァンディズニー作品では本作以外に『プーと大人になった僕』でも衣裳を担当している。クララの純粋なキャラクターや、4つの国の特徴を表現した独創的で豪華絢爛な衣裳の数々は必見。

■"美しすぎる"マッケンジー・フォイ&脇を固める豪華キャスト

運命の糸に導かれ、壮大な別世界を旅するクララ役には、『トワイライトサーガ/ブレイキング・ドーン Part』や『インターステラー』で主人公の娘役を演じ、"世界一美しい10代"としてハリウッドで最も熱い視線を集めている18歳マッケンジー・フォイが抜擢!  "お菓子の国"の統治者、シュガープラムを演じるのは、『パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズで世界的な人気を得たキーラ・ナイトレイ。そして、オスカー俳優のモーガンフリーマンとヘレン・ミレンも出演し、豪華俳優陣が脇を固めている。

■『くるみ割り人形と秘密の王国』商品情報
2月6日(水)先行デジタル配信開始
3月6日(水)ブルーレイDVDセット(4,000円+税)発売
初回限定特典"キラキラ"アウターケース

海外ドラマNAVI