<連載>スーパー玉出「激安メシ」の世界 その5 文・写真 Met

大阪名物の激安スーパー「玉出」。1円セールなどでおなじみですが、値段だけでなく個性的な品揃えにも一見の価値アリ。そんな「玉出」のお惣菜コーナーを大阪在住の筆者が物色。B級グルメならぬ、「T(=玉出)級グルメ」の味をレポートします。

ネギたっぷりでおいしそう ネギたっぷりでおいしそう

今回見つけてきた商品は「ネギ塩チキン」(税込138円)。「本日のお買得品」と書かれていますが、店頭にはいつも並んでいるおなじみの商品です。

たしかに酒飲みなおっちゃんの来店が多いスーパー玉出では支持を集めてそう人気が出そうな気がしますね。今回はそんな人気の理由を探るべく購入してみました。

中身の配分は「ネギ>鶏肉」
破格のおつまみ、実力は... 破格のおつまみ、実力は...

レンジで温めてみるとこんな感じです。鶏肉とネギをごま油で炒めたシンプルな料理でしょうか。

傾けるとあふれるほど大量の油が使われており、容器の裏まで油でギトギトになってました。もはや汁モノの料理。これでもか!というほどの香ばしさが広がってきます。

こちらが鶏肉 こちらが鶏肉

まずは鶏肉を食べてみましょう。かなりあっさりとした味付けられのた柔らかいモモ肉です。しかし油の使い方は豪快でパンチがあります。とにかくギトギトでごま油が香ばしく、100円代のお惣菜を食べてるとは思えないナゾの温もりを感じてきました。

ネギはぶっとい ネギはぶっとい

つづいてネギをいただきます。

白い部分は火の通りが弱く、生っぽいネギ特有の辛さがメチャ強いです。ネギの量に対して鶏肉が少ないので、この比率であればもうちょっとネギにも火を通しておいて欲しいところ。

うまくペース配分しなければ最後に辛いネギばかり食べるハメになっちゃいますね。一方の青いところは油をしっかり吸っているのか、まだ味があって美味しいです。この青いネギと鶏肉を使って、白くて辛いネギをいかにテンポよく食べるかというゲームでした。

実際に食べてみた結果、やはりビールおつまみとしてピッタリな油っこさだと感じました。

ほかにもスーパー玉出のお惣菜にはお酒のあてとして需要が高そうな商品がたくさんあります。「きょうのおつまみ」に迷った際には、ぜひスーパー玉出に訪足を運んでみてはいかがでしょうか?

town20181128153412.jpg
筆者:Metくん新卒入社1年目であてもなく退職し、大阪市西成区へ移住。自分の生きかたを探りはじめた男が、ブログYouTubeを通して人生を「サイキドウ」させる日々をお届けします。ブログ人生サイキドウ通信!YouTubeチャンネル人生サイキドウ通信-Met-」趣味であるアイドルハロプロの現場レポなどもしてます。Twitter(@met_hell)
ネギたっぷりでおいしそう