【元記事をコミックナタリーで読む】

サイトウケンジ原作による奈央晃徳トリニティセブン」のゲームプロジェクトが再始動する。

トリニティセブン」のゲーム化企画は、2017年12月に発表されたものの、2018年11月に当時の開発会社の事業再編により中止を余儀なくされていた。ゲームは「トリニティセブン -夢幻図書館ファンタズムライブラリー)と第7の太陽(セブンスソル)-」と題し、iOSAndroid対応にて2019年春にリリース予定だ。

シナリオサイトウ書き下ろしのオリジナルストーリーで、主人公・春日アラタや浅見リリスをはじめとするお馴染みのキャラクターに加え、ゲームオリジナルキャラクターも登場予定。プレイヤーはアラタとして、ビブリア学園を突如襲う崩壊現象と空に現れた7つの太陽の謎に対し、“トリニティセブン”と呼ばれる7人の美少女魔道士たちと協力して立ち向かう。またメインシナリオのほかにもトリニティセブンたちを育成し、親愛度を上げることでキャラクターごとの会話を楽しめるサイドストーリーも展開される。詳細はゲーム公式サイトおよび公式Twitter(@trinity7_game)にて確認しよう。

トリニティセブン」は、魔王の素質を持つ主人公・春日アラタと、“トリニティセブン”と呼ばれる7人の美少女魔道士たちを描くバトルアクション2014年10月からのTVシリーズが放送され、「劇場版 トリニティセブン 第2弾」が3月29日より全国公開される。

(c)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWAトリニティセブンH.C.製作委員会

「トリニティセブン」のゲーム化プロジェクト再始動の告知画像。