平安時代末期から鎌倉時代初期の武士で、鎌倉幕府・初代征夷大将軍として知られる源頼朝。頼朝のエピソードといえば平氏の追討や、異母弟である義経の追放などが有名だが、じつはグルメに関するものも存在する。

 

■気になるエピソードとは

気になるエピソードとは、頼朝に長く仕えていた近江武士の佐々木盛綱が、頼朝から越後に領土をもらったお礼に献上した品によるもの。

それはとある「魚料理」で、それをもらった頼朝はあまりに激ウマすぎて歌まで詠んでしまうほど、喜んだそうだ。

 

■その魚料理とは

いったいその魚料理とはなんなのか? 将軍に献上するレベルなのだから、たいそうな御馳走だときっと思うだろう。しかし、その献上品とは現代日本なら容易に手に入る、あの魚を使った料理だった!

■現代日本なら誰でも食べられるアレ

その料理とは、なんと『塩鮭』。当時は「楚割(すわやり)」という、鮭を干したもので、現代では鮭とばが近いかもしれない。

いまではコンビニで売っている鮭とばや塩鮭も、鎌倉時代には将軍が喜ぶ献上品だったのだから、保存技術や食文化の発展には驚くばかりである。

 

■頼朝に現代日本の塩鮭を食べさせたい

もしかするとご飯にのせて食べるタイプの塩鮭は頼朝も食べたことがないかもしれないが、きっと食べたら失神するぐらいウマいと思うに違いない。

塩鮭がフツーに食べられる現代日本人に生まれてよかった! と心から思える、ちょっとほっこりする頼朝のエピソードだ。

・合わせて読みたい→【レシピ】秋田の名産醤油『しょっつる』で手作り激ウマポテト

(文/しらべぇ編集部・熊田熊男

源頼朝が「激ウマすぎて歌を詠んだ魚料理」 日本人に生まれたことを心から喜べるほど美味