takeda 内閣府原子力委員会の専門委員など務める武田邦彦氏は2011年3月30日シアター・テレビジョンの「ピラニアTVちゃんねる」に出演し、東日本大震災による福島第1原子力発電所での事故について、同発電所を認可をした経済産業省原子力安全・保安院に責任があると語った。

 番組で武田氏は「こういう事故のあとはどこに問題があったのか、運転なのか工事なのか認可なのかを冷静に見極めなければならない」とし、「今のところ(問題があるの)は完全に原子力安全・保安院だ」と述べた。武田氏によると、福島第1原子力発電所では緊急時に使用するディーゼル発電機を敷地内に配置したり、見かけは3重構造であるにも関わらず原子炉から漏れた水素がそのまま一層目の建屋に充満したりする設計を認可するなど、原子力安全・保安院は「やりたい放題」だという。

 「(認可の権限を持つ)保安院委員長が最大の責任者なのに、なんで東電の社長が病気になるのか」と武田氏。「原子力委員会が『推進』、原子力安全委員会が『抑制』で成り立っていたが、(それらとは別に)原子力安全・保安院が作られ原子力発電の認可権が与えられた。結果、原子力安全委員会の力は弱くなった」と指摘し、その一例として原子力安全委員会の緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステムSPEEDI)がほとんど機能していないことを挙げた。

武田邦彦出演【緊急生放送 第2回】福島原発に何がおきているのか?
「認可に問題がある」部分から再生
http://live.nicovideo.jp/watch/lv44810912#0:26:36
(番組はタイムシフト機能2011年4月6日まで視聴できる)

(土井大輔)

【関連記事】
東電会長が会見「高線量なところへ入らずにやる方法はないか、工夫している」
グリーンピース・放射線アドバイザー、避難指示範囲の拡大を提言
福島第1原発の敷地内からプルトニウムを検出