プロトタイプは、Nintendo Switchソフトplanetarian~ちいさなほしのゆめ~」を明日1月31日(木)よりニンテンドーeショップにて配信すると発表した。

※1/30追記 初掲時、配信日を1月30日(水)と記載しておりましたが、正しくは1月31日(木)でした。お詫びして訂正いたします。

【大きな画像をもっと見る】

planetarian~ちいさなほしのゆめ~」は、「Kanon」「AIR」「CLANNAD」「リトルバスターズ!」「Rewrite」「Summer Pockets」など、数々のヒット作を手がけるクリエイターチームKey」による本格的SFビジュアルノベルシナリオは「涼元悠一」氏、原画およびメカニックデザインには大人気イラストレーター駒都えーじ」氏を起用。原作のPC版は、全年齢ソフトとして、2004年11月より「Yahoo!BB」を中心にダウンロード販売され、ネットワーク販売のソフトとしては驚異的なダウンロード数をカウントした。

その後、「イベント限定販売」としてPSPパッケージ版が2009年2月28日Key10周年記念イベント」および2009年6月20日プロトタイプファン感謝デー」などで限定販売されたほか、東日本大震災で被災された方々へのチャリティー版が2011年5月12日に発売されている。また、2016年7月には待望のアニメが配信。同年9月には劇場版も公開されるなど、根強い人気を誇る名作だ。

そして、2016年にPC用ソフトとして発売されたHDリマスター版が、待望のNintendo Switchに登場! ストーリーや登場人物、Switch版ならではの特徴についての情報が到着しているので、ご紹介しよう。


Feature of Nintendo Switch -Nintendo Switch版の特徴ー
◆移植ラインナップ最高解像度のHD画質!
移植ラインナップ最高解像度となる128720ピクセルのHD対応。
さらに、立ち絵イベントCGがリファインされ、より一層の美麗ビジュアルとともに感動の物語をお楽しみいただけます。

タッチスクリーン操作フル対応!片手プレイも可能!
Joy-Conを付けた携帯モードでの使用はもちろんのこと、タッチスクリーン操作にフル対応しているためJoy-Conを外した本体のみの状態でもプレイ可能。ポータビリティーを向上させています。
また、テーブルモード、TVモード時には、Joy-Conひとつですべての操作が行えるため片手プレイも可能です。

テキストは5言語に対応!
テキストは、日本語、英語、フランス語中国語簡体字・繁体字)に対応しています(ボイス日本語のみ)。
本編だけでなく、環境設定やデジタルマニュアルなども対応しており、いつでも表示の切り替えが可能です。


System -ゲームシステム-
planetarian~ちいさなほしのゆめ~」は選択肢の無いビジュアルノベルで、アニメや映画を観るように、小説のページをめくるように、物語を読み進めていきます。
“操作していることを感じさせない操作性”で感情移入しやすい環境を作り、豪華声優陣によるフルボイス、特殊かつ多様なエフェクトと映像、美しい音楽とグラフィック、そして秀逸なストーリープレイヤーを魅了します。
また、定評のある早送り&早戻し機能はもちろんのこと、より快適にお楽しみいただけるよう、多彩な機能を搭載しています。

ロード地点からの巻き戻しも可能
バックログで表示したメッセージからの再開機能
キャラクター別のボイス音量調節機能
クイックセーブクイックロード機能

Story -物語-
降り止まない雨──
30年前、突然の細菌攻撃により放棄された「封印都市」
今はただ、自律型の戦闘機械が支配する無人の廃墟
そこに彼はたどりついた
疲れ果て、身を潜めたビルの中にその場所はあった

プラネタリウム
昔、満天の星々を眺め人々が心を癒やした空間
そこで彼をひとりの少女が迎える
少女の名は「ゆめみ」
30年の間、訪れる人を待っていたプラネタリウム解説員
彼女は、壊れかけのロボットだった──

「ゆめみ」に乞われるまま
今は動かない投影機を動かすために彼は時を忘れて修理を続ける

降り続く雨
静かに流れていく「ゆめみ」と彼の日々
遠い郷愁のような毎日が彼の心を揺り動かす
人工の星空に、彼は何を想うのか?
そして「ゆめみ」の運命は──?

Character -登場人物-
■屑屋(くずや) 声:小野 大輔
主人公。戦争で放棄された都市から金目のものを発掘し生活している。
自律型戦闘マシンに追われて逃げ込んだビルで「ゆめみ」と出会う。

■ほしの ゆめみ 声:すずき けいこ
身長:155cm(帽子なしの頭頂高)
体重:不詳(同体形の人間よりは重め)


大戦前に生産された量販型コンパニオンロボット
外観は15~16歳の少女を模して造られており、一見人間と区別がつかない。
老舗百貨店である花菱デパート本店の屋上プラネタリウム館に配属され、人間の同僚たちに混じって接客およびプラネタリウム投影の解説業務を行っていた。

30年前の戦争勃発直後、職場のある都市が細菌攻撃を受けて放棄された時、そのままプラネタリウムに取り残される。
その際に設定を初期化されることも、電源を切られることもなかったために、彼女は「客が来ないのは流行が変わったせい、スタッフがいないのは慰安旅行に出かけたせい」と思い込んだまま、来るはずのない客を平然と待ち続けていた。

基本ソフトウェアにバグがあり、人間相手に冗長な会話を繰り返してしまうという悪癖を持つ。
ロボット特有の杓子定規な思考と同時に、ガラクタを集めて花束を自作したり、上位機種の『涙を流す機能』にあこがれたりと、多彩な面を見せる。
観客やスタッフたちに長い間愛されていた、おしゃべりで幸せなロボット

【商品情報】
■planetarian~ちいさなほしのゆめ~
ジャンル:SFビジュアルノベル
・配信開始日:2019年1月31日(木)配信開始
・価格:ダウンロード版 1,100円(税込) ※ダウンロード専売
・対応機種:Nintendo Switch
・対応コントローラー Nintendo Switch Proコントローラー
プレイモード:TVモードテーブルモード/携帯モード
・対応表示言語:日本語/英語/フランス語中国語簡体字・繁体字) ※ボイス日本語のみ
ボイスフルボイス
CEROレーティング:A区分(全年齢対象)
コンテンツアイコン:なし
・企画・シナリオ涼元悠一
・原画・メカニックデザイン駒都えーじ
・音楽:戸越まごめ

©2019 Key/VISUAL ARTS/PROTOTYPE
>> Nintendo Switch「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」、1月31日配信開始! Keyが手がける珠玉のSFビジュアルノベル の元記事はこちら
Nintendo Switch「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」、1月31日配信開始! Keyが手がける珠玉のSFビジュアルノベル